27/08/2021 16:27 GMT+7 Email Print Like 0

平和の「使者」

2014年5月27日、現在はベトナム平和維持局となったベトナム平和維持センターが設立されました。その7年後、国連から高い評価を得て、ベトナムの平和維持軍はベトナム、特に国際舞台での軍隊の地位と役割の向上に貢献しました。
1 兵士12人の中で一番年下のグエン・タイン・チュン大尉は、ベトナム平和維持部の訓練場の深い森で、10以上の野生の食用野菜を見つける方法、野生動物の罠を仕掛ける方法、水源や安全な避難所を見つける方法を身につけ、最終的には自然物から火をおこすことに成功しなければなりません。それは国連平和維持活動の任務につくために出発準備をしているベトナムのグリーン・ベレーの兵士が受けるサバイバルスキルトレーニングの内容の一つです。

直接訓練したインストラクターのレ・ダイ・ズオン大佐によると、グリーン・ベレーの兵士は任務に就く前に5つのスキルレベルを達成する必要があります。まず生活、旅行、または勤務中の秘密の保持です。2つ目は「生きて撤退する」ためにどのように生き残り場所を選択するかです。3つ目は発生する状況を予測することです。4つ目は居住地域が植生、食料、水源の点で有利でなければならないこと。最後にすべての極端な条件で常に体温を維持することです。



国連平和維持活動に行く準備として行われるサバイバルスキルトレーニングで訓練中に集めた野生の野菜や食べ物の分類、点検を受ける兵士たち。
撮影:コン・ダット/ベトナムフォトジャーナル



グループに分けられ、食料源を探しに森に入るサバイバルスキルトレーニングに参加したメンバー。
撮影:コン・ダット/ベトナムフォトジャーナル



自然物から火をおこすことはサバイバルトレーニングクラスの重要なスキル。
撮影:コン・ダット/ベトナムフォトジャーナル


火をつけた後、料理方法を学ぶメンバー。
撮影:コン・ダット/ベトナムフォトジャーナル


火をおこすことは食べ物の調理だけでなく、森の中で動物を追い払うために必要。
撮影:コン・ダット/ベトナムフォトジャーナル

 

グエン・タイン・チュン大尉と彼の同僚が真剣で骨の折れる訓練を受けている理由の一つは、国防副大臣のホアン・ザン・チエン上級大将が「ベトナムの個々の優れたプロの軍人はどんな地位であろうとも、士官、軍医、医療スタッフであろうとも、すべて十分な任務を完了しており、国連の平和維持機関のライン部門から承認され、高く評価されています」と述べた文で明らかです。
 
グリーン・ベレーの兵士は任務に就く前に5つのスキルレベルを達成する必要がある。まず生活、旅行、または勤務中の秘密の保持。2つ目は「生きて撤退する」ためにどのように生き残り場所を選択すること。3つ目は発生する状況を予測すること。4つ目は居住地域が植生、食料、水源の点で有利でなければならないこと。最後にすべての極端な条件で常に体温を維持することである。
ホアン・スアン・チエン上級大将によると、現在、四人のベトナムの将校がミッションと国連の役職に参加しています。その中の三人は米国に滞在するニューヨークの国連平和維持活動局で計画、統合、訓練を担当する役職を務め、残りの一人は中央アフリカ共和国におけるコーディネーターに合格した将校です。採用試験に参加したベトナム人将校は国連の厳しい試験に合格しました。各ポジションには150人〜200人の応募者がいます。

特に、ベトナムは女性の平和維持、安全保障、開発に関する国連決議1325に従って、平和維持活動に参加している女性兵士の割合について国連から高く評価されています。ベトナムは34人の女性兵士を国連平和維持軍に派遣し、国連の要請が10%未満であるのに対し16%以上の割合に達しています。



4月21日の朝、南スーダンで引き続き国連平和維持活動(フェーズ2)を行うためにタンソンニャット国際空港を出発するBVDC2.3。
撮影:トン・ハイ/ベトナムフォトジャーナル



大統領の決定に従ってBVDC2.2に代わり1年を期限に任務を実行するBVDC 2.3。
撮影:トン・ハイ/ベトナムフォトジャーナル


任務に赴く前にチームメイトを励ます同僚。
撮影:トン・ハイ/ベトナムフォトジャーナル



2020年、新型コロナ感染症の前例のない影響の中、新型コロナ感染症の予防と管理に関するすべての国連試験基準に合格したベトナムのBVDC2.2。
写真説明:常に友好的で、南スーダン現地民の友人であるベトナム平和維持要員を派遣するベトナム平和維持局。
撮影:ベトナム平和維持局



常に友好的で、南スーダン現地民の友人であるベトナムの平和維持要員。
撮影:ベトナム平和維持局



南スーダンの子供とBVDC2.1の女性兵士。
撮影:ベトナム平和保障局

 

2. 4月21日の朝、レベル2野戦病院第3号(BVDC2.3)が南スーダンでの平和維持活動(フェーズ2)を継続して実施するためにタンソンニャット国際空港から出発しました。 BVDC2.3はベトナムの国家首席の決定に従い、1年に限ってBVDC2.2の代わりに任務を遂行しました。BVDC2.3は2020年3月に70人の兵士(正規63人、予備7人)のスタッフで設立されました。

訓練期間中、新型コロナウイルス感染症の流行の複雑な進展にもかかわらず、ベトナム平和維持部は関連機関と調整して、NVA2.3の軍事医療および専門技能に関する訓練コースを無事に修了しました。

ベトナムのBVDC2.1は63回の手術(23回の中大手術)で2,022人の患者の治療を行ったことが知られています。任期終了後、BVDC2.1は南スーダン派遣部から4人の個人とともに表彰状が授与されました。国連はBVDC2.1に平和への貢献に対しメダルを授与しました。

2019年11月からBVDC2.1に代わり、BVDC2.2が引き続きBVDC2.1の成功から学び、さらに発展させ1400人を超える患者の診察と治療を行い、南スーダンのべン・ティウにある2200人を超える国連職員から評判の高い医療提供者となりました。



1,400人を超える患者の診察と治療を行い、南スーダンのべンティーウの2,200人以上の国連職員から評判の良い医療提供者となったBVDC2.2。
撮影:ベトナム平和保障局



各国や国連のメディアでの報道されたベトナムの軍医が病人の治療に専念している写真。
撮影:ベトナム平和保障局


南スーダンのBVDC2.2の患者への救急処置。
撮影:ベトナム平和保障局



平和を維持するという任務だけでなく、平和の「使者」であり、平和の「緑の種播き」の教師であり、現地人コミュニティとの友情という非常に新しいアプローチをもたらしたベトナム平和維持軍。
撮影:ベトナム平和保障局



緑の野菜を育て、新型コロナ感染症の流行を防ぎ、マスクを縫い、配布して、他の国の人々にベトナムをより理解させ、愛してもらい、
国連の「グリーンベレーの兵士」のイメージを美化した「ホーおじさんの軍隊」の兵士たち。
撮影:ベトナム平和保障局


平和の「使者」という美しいイメージの「一つの現象」となったグエン・ティ・リエン中尉。
撮影:ベトナム平和維持局

 
特に、2020年には新型コロナ感染症の大流行という前例のない影響の中、ベトナムのBVDC2.2は新型コロナの予防・管理とヘルスケア、新型コロナウイルスに感染した疑いのある患者の治療に関するすべての国連検査基準に合格しました。国連の指導者はこの地域での成功に対してベトナム政府とBVDC2.2に感謝状を送りました。

BVDC2.3は新型コロナ感染症が複雑に進展している中で国連平和維持活動を実施しています。実施地区は流行の中心であり、低地にあるためミッションに取り組む前に野戦病院2.3の医師とスタッフの100%は健康の観点から新型コロナのワクチン接種を受け、新型コロナ感染症を予防および管理方法の実情に沿った訓練を受けました。

2014年6月から2020年12月まで、ベトナム平和維持局局長ホアン・キム・フング少将によると、ベトナムは国連平和維持活動を実施するための179人の将校を中央アフリカ共和国、南スーダン派部と国連平和活動本部に派遣しました。その内訳は53人の軍将校(個別の形式)と、レベル2野戦病院第1(BVDC2.1)およびBVDC2.2(ユニット形式)の126人の将校と従業員です。



国連から高く評価されている積極的な貢献により、特に国際舞台でのベトナム軍の地位と役割の向上に寄与しているベトナムの平和維持軍。
撮影:ベトナム平和保障局



東南アジアの平和維持センター議長の引き継ぎ式でタイから旗を受け取るベトナム平和維持局局長ホアン・キム・フング少将。
撮影:ベトナム平和保障局



信頼できるパートナーであり、国際社会の責任あるメンバーという革新的なベトナムのイメージを示す平和維持活動へのベトナムの参加回数と結果。
撮影:ベトナム平和保障局

 

32018年、ベトナムは国連三者パートナーシッププログラム(TPP)で東南アジア4か国の中、この地域に軍隊を派遣する国のために国連平和維持活動の能力を向上させる国際訓練組織を主催する最初の国として国連から選ばれました。
任期終了時に将校の100%は国連によって任務を十分にまたはそれ以上に果たしたと評価されている。 その内33%は優秀であった(南スーダンミッションでのこの比率は2%未満)。
国連の評価によると、ベトナムの平和維持要員は平和維持の任務を果たすだけでなく、平和の「使者」であり、現地のコミュニティに平和と友情の「緑の種を蒔く」。

2018年から2020年にかけて、ベトナムはこの地域の多くの軍隊のために3つのトレーニングコースを成功裏に組織しました。 ベトナムの国際研修コースは国連とパートナーの日本から高く評価されています。

さらに、ベトナムは平和維持の分野における地域的および国際的な訓練センターの建設を提案しています。このベトナムの提案は、国連や地域の国々からも強力な支持を受けています。ベトナム国防省はまた、この地域での訓練の経験を持つパートナー、国連と調整して、国連基準に沿ったカリキュラム、講義、および訓練コースを開発しています。

現在、ベトナムは任務に就く準備ができているエンジニアのチームを準備しています。エンジニアチームには290人の正規将校と29人の予備で構成され、道路、橋、カルバート、空港、港、兵舎、高層ビル(4階以下)などの地上工事の建設を担当します。エンジニアチームの300人以上の兵士の内、女性は31人(約10%)で、この割合は国連が推奨する約5〜7%をはるかに上回っています。

エンジニアチームのトレーニングは4年以上にわたって実施されています。特に、重機の使用に関する3つの国際研修コースは日本と国連との協力により開催されました。フング少将は「3つのコースはすべて、国連と日本から高く評価されています」と述べました。
文:タオ・ヴィ
撮影:コン・ダット、トン・ハイ、ベトナム平和維持局