28/12/2018 00:01 GMT+7 Email Print Like 0

Bazaar 2018:
少数民族の手工芸品村の祭り

毎年行われる各文化イベントでなく、2018年のBazaar見本市は各地域の少数民族の人たちが一般の人や外国人観光客に、伝統工芸品を紹介する場所である。
ハーザン省ドンヴァン地域のルン・ティー・ミン(47歳)さん(ローローグループのメンバー)とローローグループが「メオヴァック町・ローロー族の伝統的文化の保存と生活の改善」プロジェクトに従い、設立された時から、今回の2018年のBazaarに参加してきた。このプロジェクトは手工芸品研究・発展センター(Craft Link) とハザン省の婦人協会により実現された。
ミンさんは「この見本市に参加するとき、私たちは多くのお客と出会いました。特に、外国人のお客たちは私たちの製品を買うばかりでなく、私たちの伝統的な衣装に興味を持ちます。これは、私はこの見本市に参加すると喜びを感じます。」と言った。


2018年のBazaarは、年毎開催される、手工芸品研究・発展センター(Craft Link) により実施される。


今年は、全国から40民族の少数民族グループ、工芸村のグループ、身体障碍者のグループは伝統的な製品を売るために、
同見本市に参加する。



ホアビン省、マイチャウ郡パーコー地域におけるモンサイン族のグループのカラフルな店の様子。


観光客たちに伝統文化の特徴を紹介する職人。

外国人の観光客に、紋織物を紹介するゲーアン省のタイ族の人。


各グループは、文化を保存と製作した伝統手工芸品を見本市で紹介し、販売する。


見本市は、職人が手工芸品の販売者たちと出会う場所である。ハノイメ―チーで手工芸品の販売をするバイヤーと取引をするサム・ティー・ティンさん。

2018年のBazaarは少数民族の伝統的な文化を紹介する場所である。


2018年のBazaarの子供たちのためのコーナー。子供たちは手工芸品を作り方が体験できる。
ローローメオヴァック族は、赤ローロー族と呼ばれ、ベトナムの少数民族の一つである。赤ローロー族の人民たちはハザン省、メオヴァック郡メオヴァック町サンパーA村に住む。赤ローロー族はベトナムの最も貧しい民族の一つである。ローロー族の人民たちはトウモロコシの栽培と幾つかの職業で、生計を立て生活している。
しかし、赤ローロー族の人民の伝統衣装は特徴のある文化を表わす。赤ローロー族の伝統衣装は色と柄に魅力がある。ローロー族の女性は祭りと正月で伝統衣装を着るために、1年間かけて、1揃いの衣装を縫う。
Craft Linkにより実施されるプロジェクトを通じて、ルン・ティー・ミンさんをはじめ、赤ローロー族の女性は生地に刺繍し、縫製技術を改善させるチャンスがあり、所得を増やすため、販売方法の改善させると同時に、自分の民族の文化価値を充分に認識できる。
2018年のBazaarに参加するそれぞれのグループは特徴的な文化製品を紹介するばかりでなく、彼ら(彼女ら)の製品を通じて、貧しい少数民族のグループの望み、希望を表現する。2018年のBazaarには少数民族23グループの店と身体障碍者の23グループと伝統工芸村のグループの店がある。2018年のBazaarはこの28年間開催されてきた年毎のイベントである。今年のBazaarは国内外の観光客たちに魅力がある。今年のBazaarは1日だけ行われる。 約5,000人の観光客が文化交流をし、物品を買うために、Bazaarに集まる。チャン・トゥイエット・ランCraft Linkセンターの指導者によると、2018年のBazaarは外国人観光客に、ベトナムの少数民族と工芸村の文化を紹介するためのイベントとして、開催された。ランさんによると、2018年のBazaarに訪れた人は伝統手工芸品を買うだけでなく、演芸プログラムを見たり、少数民族と工芸村の伝統文化を知ることができる。


特別な手工芸品を選ぶ外国人。


ハーザン省のローロー族のグループのルン・ティー・ミンさん(左側の人物)の喜び。


2018年のBazaarは少数民族の伝統的な手工芸品を紹介し、広めることである。


ディエン・ビエン省のモン族のグループの店を訪問する観光客たち。

2018年のBazaarで、自然の原料を使った伝統的な線香の作り方を紹介するザイ族。


2018年のBazaarで、紹介される幾つかの特別な手工芸品。


お客に紋織物の説明をするコートゥー族のグエン・キム・ランさん。

少数民族のカラフルな手工芸品。

Craft Linkセンターは非政府組織であり、少数民族のグループ、身体障害者のグループ、工芸村のグループが伝統文化と工芸技術を保存し、労働者たちの所得の改善を援助する。
現代的な社会の発展と共に、伝統的な手工芸品は衰退するおそれがあるが、ランさんによると、Bazaar主催委員会は2018年のBazaarがベトナムの伝統的な手工芸品を紹介し、広めるチャンスであることを希望する。

文:タオ・ヴィー
写真:ヴィエット・クオン