10/08/2015 10:18 GMT+7 Email Print Like 0

富澤 守氏とベトナム陶器に対する愛情

日本の富澤氏はベトナムの陶器に興味を持つ。彼は外国人に、ベトナムの特別な文化を紹介するために、ホーチミン市で、陶器を製作するクラスを作った。
20年前の1995年、富澤守氏はアジア諸国で働く教育・観光NGOに参加した。ベトナムに到着したとき、富澤氏はベトナムの各地域の様々な文化を感じた。彼はバットチャン陶器の魅力に惹かれた。その後、富澤氏はベトナムの陶器を始めて勉強した。
職人と本を通じて、陶器技術を得た後、彼は欧州人、アジア人、アメリカ人を含むメンバーたちに、陶器を作る方法を教えるために、2001年に、ホーチミン市、第1の地区、ダーカオ地域に、Overland Clubを設立した。


 富澤氏。撮影:トン・ハイ 

陶器を作る富澤氏。撮影:トン・ハイ 

Overland Club は外国人とベトナム人を含む数多くの学生を集める。撮影:トン・ハイ 

陶器を作る過程。撮影:トン・ハイ 

富澤氏とOverland Clubの学生たちの作品。

富澤氏はベトナムを訪問する外国人の観光客に、ベトナムの陶を教える。彼は6ヶ月間で、陶器教室を開き、Overland Clubのために、学生たちを探す計画を立てた。観光に関係するのでOverland Clubに参加する観光客を簡単に見つけられた。Overland Clubは外国人観光客のホーチミン市探訪コースの一つとして知られる。
ホーチミン市の中心にあるOverland Clubは観光客にベトナム文化を紹介する陶器の空間である。Overland Clubのクラスはベトナム人と外国人の多くの学生たちに人気がある。
実際に、陶器を作ることは勤勉性と創造性を与える。陶器を作り出すために、学生たちは基本のコースに参加する。
陶器を通じて、ベトナム文化を発見するとき、富澤氏は陶器製品をOverland Clubの樹立することのインスピレーション と見なした。彼は学生たちが簡単な製品や複雑な製品に対して愛情を持つことを希望する。陶器クラスは学生たちの可能性を発見する場所であり、学生たちが生活を考えるための空間でもある。
Overland Clubはホーチミン市を訪れるときに、外国人観光客と陶器を愛する若者の目的地になる。スペインからのLeandro Marcelinoさんは1年間Overland Clubで陶器を勉強した。彼は自分の陶器を売るためのウェブサイトを開いている。
陶器の作り方を教えるほかに、Overland Clubは学生の作品を陳列するショールームを作った。Overland ClubはMOF喫茶店とともに、毎月、陶器を紹介するイベントを開催する。多くの外国人はそのイベントに参加する。Overland Clubを通じて、富澤氏はベトナム文化を広めることに貢献を果たすために、多くの国家間の文化交流コネクションを作り出した。

Overland Club の学生たちのいくつかの作品











文:グエン・ヴー・タイン・ダット
写真:トン・ハイ

 
他の記事