06/12/2019 15:41 GMT+7 Email Print Like 0

外国人の画家が描いたハノイの旧市街の絵

日本、韓国、シンガポール、タイ、フランス、マレーシア、フィリッピンなどの18カ国の500人が参加するAsia-link Sketchwalk Hanoi 2019は最も多い人が参加する記録に達した。彼らは平和で、親切であるハノイを含む多くの遺産があるベトナムを訪問し、そのベトナムを絵を通じて表明する。特に、多くのところから来た画家たちは喫茶店、歩道などでハノイの秋の季節の中で絵を描く。

マレーシアのKiah Kiean Chngさん、ロシアの Elena Kilimovaさん、シンガポールのAlvin Mark Tanさん 、インドネシアのDarman Angir さんなどのアジアの有名な画家は各メンバーに技術について6回案内した。Arkar Myoさん、Akri Markさん、 Supmanee Chaiさん、 Khoo Cheang Jinさん、 ビン・チュさん、トゥイ・ズオンさん、ディン・ハイさんは実際に10回絵を描くイベントを行った。他は、各メンバーはタイのPramote Kさん、シンガポールのTia Boon Simさん、マレーシアのKhoo Cheang Jinさんとの交流会を行った。その楽しい活動は各有名な画家のカラフルな絵とともにハノイの旧市街の文化の特徴を目立たせた。


「2019年アジア-ハノイ絵画」に出席する画家はハノイオペラハウスで記念写真を撮影する。


「2019年アジア-ハノイ絵画」に出席する画家は各国の国旗を紹介する。


2階建てバスに乗り、ハノイの周りを観察する画家たち。


ベトナムのヴィエン・フオン画家の作品の一つ


ドン・スアン市場についての画家たちの絵
 

ハノイの旧市街を描く目標で、外国からの画家たちはハノイのゴック・ソン殿、バ・キエウ殿、リー・タイ・ト記念碑、ドン・スアン市場、タム・フー・リン・トゥー、オ・クアン・チュオン、オペラハウス、ハノイ大聖堂などを描いた。短い期間で、様々なスタイルと気持ちで千枚の絵が描かれた。

タイのPramote Kitchumnongp画家はハノイ大聖堂に興味を持つ。タイのナム・チャイ画家はダオ・ズイ・トゥ-通り、マー・マイ通りを描いた。ミャンマーのArkar Myo画家はハノイオペラハウスに、インドネシアのHongky Zein画家は旧市街とハノイの人民たちについて絵を描いた。


ハノイについての作品はベトナム歴史博物館で紹介され、多くのベトナム人と外国人の観光者の関心を集中した。特に、印象的な100枚の作品は選択され、ハノイ建築大学、ホアンキエム湖の歩道通り、ハノイ博物館で紹介された。
それぞれの外国人の画家はハノイに対しての心、愛情を表明する。ベトナムのノン・ラー(伝統的な帽子)は頭にかぶるものだけでなく、画家の手の下で芸術の作品のインスピレーションになる。またはベトナムの伝統的なアオザイも画家の関心を集中した。

ハノイ絵画グループのチャン・ティ・タイン・トゥイ会長はハノイについての絵を見ると、ベトナムについての誇りが出た。同イベントは平易で、親切で、客扱く、楽観的なハノイについて外国人の画家に伝えられると期待しました。

ハノイに対しての愛情と「2019年アジア-ハノイ絵画」で援助する4千人のボランティアは外国人の外国人の画家に「ハノイの旧市街を染める」ことを援助した。その外国人の画家は友好で、多くの文化遺産があり、絵画への愛情があるベトナムをアピールし、ベトナム人の人々に印象を与えた。



「2019年アジア-ハノイ絵画」の絵をご紹介しよう
















撮影:ビック・ヴァン
撮影:タイン・ザン
 
日本、韓国、シンガポール、タイ、フランス、マレーシア、フィリッピンなどの18ヶ国の500人が参加したAsia-link Sketchwalk Hanoi 2019は最多の参加者の記録になった。彼らは優しく平和的で、多くの遺産があるベトナムのハノイを訪問し、そのベトナムを絵を通じて表明する。特に、今回のスケッチの形式は、画家たちはどこでも絵を描けることです。各画家たちは、喫茶店の中や歩道に座ってどこでもハノイの秋の季節の中で絵を描く。

マレーシアのKiah Kiean Chngさん、ロシアの Elena Kilimovaさん、シンガポールのAlvin Mark Tanさん 、インドネシアのDarman Angir さんなどのアジアの有名な画家は参加者に技術について6回の指導をした。Arkar Myoさん、Akri Markさん、 Supmanee Chaiさん、 Khoo Cheang Jinさん、 ビン・チュさん、トゥイ・ズオンさん、ディン・ハイさんは10回の絵を描く実演イベントを行った。他は、各メンバーはタイのPramote Kさん、シンガポールのTia Boon Simさん、マレーシアのKhoo Cheang Jinさんとの交流会を行った。その楽しい活動は各有名な画家のカラフルな絵とともにハノイの旧市街の文化の特徴を際立たせた。


「2019年アジア-ハノイ絵画」に参加した画家はハノイオペラハウスでの記念写真。


「2019年アジア-ハノイ絵画」に出席する画家は各国の国旗を紹介する。

2階建てバスに乗り、ハノイの周りを探索する画家たち。


ベトナムのヴィエン・フオン画家の作品


画家たちが描いたドンスアン市場
 

ハノイの旧市街を描く目標で、多くの外国画家たちは、ハノイのゴックソン殿、バキエウ殿、リータイト記念碑、ドンスアン市場、タムフーリントゥー、オークアンチュオン、オペラハウス、ハノイ大聖堂などを描いた。短期間で、様々なスタイルと気持ちで千枚の絵が描かれた。

タイのPramote Kitchumnongp画家はハノイ大聖堂に興味を持つ。タイのナム・チャイ画家はダオズイトゥ-通り、マーマイ通りを描いた。ミャンマーのArkar Myo画家はハノイオペラハウスに、インドネシアのHongky Zein画家は旧市街とハノイの大衆の様子を描いた。


ハノイについての作品はベトナム歴史博物館で紹介され、多くのベトナム人と外国人の来館者の関心を集めた。特別に、印象的な100枚の作品が選ばれ、ハノイ建築大学、ホアンキエム湖の歩道上、ハノイ博物館で紹介された。
それぞれの外国人の画家はハノイに対しての心と愛情を表明する。ベトナムのノンラー(ベトナム帽子)は頭にかぶるものだけでなく、画家の手により芸術作品にもなる。またはベトナムの伝統衣装のアオザイも画家の関心を集めた。

ハノイ絵画グループのチャン・ティ・タイン・トゥイ会長はハノイについての絵を見ると、ベトナムについての誇りが表された。同イベントは長閑で友好的、おもてなし、楽観的なハノイについて外国人の画家によって伝えられると期待しました。

ハノイに対する愛情と「2019年アジア-ハノイ絵画」でサポートする4千人のボランティアは外国人画家の「ハノイの旧市街を彩る」を援助した。その外国人の画家は、多くの文化遺産と絵画でベトナムへの友好と愛情をアピールし、ベトナム人の人々に印象を与えた。



「2019年アジア-ハノイ絵画」の絵をご紹介しよう
















撮影:ビック・ヴァン
撮影:タイン・ザン