03/06/2019 10:11 GMT+7 Email Print Like 0

国会、経済社会問題を討議

「これらの問題点を克服するためには短期的と長期的な解決策を結合させる必要があります。また、適切な措置を打ち出さなければなりません。全政治システム、とりわけ各省庁、部門、地方、国会議員団、及び国会議員一人一人は投資政策、計画、プロジェクトの監視で責任感を高める必要があります。」 31日午前の国会では経済社会問題や国家予算について討議が行われました。国会議員らは「世界経済が衰退している背景の中で、政府は経済発展目標の達成に向けて断固たる措置を取ってきたが、高度で持続可能な経済成長の確保を目指すいくつかの要素は弱点を見せ、適切な克服措置が模索されていない」と指摘しました。北部タイビン省選出のヴ・ティエン・ロック議員は次のように話しました。 「向こう数年、政府は公的債務を55%以下に抑えることができるなら、経済成長率がさらに高くなるでしょう。しかし、政府に対し、2019年の成長目標の設定に際し、慎重に検討するよう提案します。懸念すべきことは行政改革のスピードは期待通りに達することなく、長期的な経済発展にマイナス影響を与える恐れがあります。」 一方、計画投資省のグエン・チ・ズン大臣は経済インフラ、成長モデルの刷新、各部門、分野の再構築で問題点が残っているとを受け止め、次のように語りました。 「これらの問題点を克服するためには短期的と長期的な解決策を結合させる必要があります。また、適切な措置を打ち出さなければなりません。全政治システム、とりわけ各省庁、部門、地方、国会議員団、及び国会議員一人一人は投資政策、計画、プロジェクトの監視で責任感を高める必要があります。」 ソース:VOV