27/04/2018 15:07 GMT+7 Email Print Like 0

古都の春の儀礼と民間伝承の遊び

フエ古都遺跡保存センターは、昔の儀礼、民間伝承の遊びを復元し、ベトナムの最後の封建王朝であるグエン王朝(1802年-1945年)の宮殿の生活についての不思議な話を明かしたことで、多くの観光客の関心を集めている。
故宮の儀礼
 
歴史は、昔のことだけを保存されると思うが、今、フエのダイノイ(大内)の、春の儀礼などが復元されたことを通じて、観光客は、フエの王宮の生活の習慣を自分の目で観賞できた。

フエ古都遺跡保存センターのファン・タイン・ハイ博士によると、伝統的なお正月であるテトの前後に行われる儀礼は民衆の儀礼と異なる。王朝が行う独自の儀礼がある。


ある儀礼の参列を率いる2人はグエン王朝の印を持つ人である。
撮影:タイン・ホア



お正月であるテトで使われる物だなどを運ぶ選ばれた10人の兵士。
撮影:タイン・ホア



ネウと呼ばれるテトで使われる物
撮影:タイン・ホア



午の門の警備兵。
撮影:タイン・ホア



午の門を通る、紫禁城への警衛の姿を復元。
撮影:タイン・ホア



宮廷の踊り
撮影:タイン・ホア



グエン王朝の宮廷の楽団。
撮影:タイン・ホア



フエの有名な伝統的な踊りの一つであるムアチェン
撮影:タイン・ホア

 

ベトナムの最後の王朝であるグエン王朝は1802年から1945年までで、13代の王に統治された。グエン王朝の5つ遺産はUNESCOに登録された。それは古都フエ遺跡群(1993年)、フエ宮廷雅楽(2003年)、グエン朝の木版(2009年)、 グエン朝の歴史資料(2014年)、フエ宮廷建築物に刻まれた詩歌と文学作品(2016年)である。
歴史によると、グエン王朝のテトの休みは、旧暦12月25日から1月7日までである。その日、グエン王朝の王は紫禁城の中で、多くの儀礼を行う。

旧暦の1月3日、グエン王朝の王は先生を訪問する。5日、宮廷の外にある帝陵、寺なども訪れる。。7日、ネウを下ろし、開印の儀礼を行い、新年を始めるためのパレードを行う。

フエ遺跡保存センターは、昔、秘密であったグエン王朝の宮廷の生活を観光客が理解し、体験するため、昔の宮廷のことを復元した。


世界遺産である古都フエ遺跡群の中のフエ王城は特別で、紫禁城、グエン朝の廟を守り、グエン朝の生活を垣間見た。その生活はまだ多くの秘密がある。

宮廷の中の民間伝承の遊び

春はベトナム人が儀礼と祭りなどを行うシーズンである。民衆たちの一般の遊びがあれば、宮廷の中、宮廷内の高貴な伝承の遊びもある。


フエ王城の中の春の背景。
撮影:タイン・ホア



グエン朝の宮廷の特別な遊びの一つである投壺。伝説によると、
トゥ・ドゥック王とバオ・ダイ王とバオ・ダイ王はこの遊びが得意であったという。
撮影:タイン・ホア



テトの時、宮廷だけで遊ばれた遊びの一つで遊んでいる二人の子に不思議に思う外国人観光客。
撮影:タイン・ホア



テトの時、グエン朝の王妃が人気のある遊びの一つを見学する観光客。
撮影:タイン・ホア



昔の宮廷の遊びで遊ぶ他、フエ遺跡保存センターも書道も行っている。
撮影:タイン・ホア



平安を祈る舞獅
撮影:タイン・ホア



フエの紫禁城の中のカン・チャイン殿における舞獅
撮影:タイン・ホア



フエの王城の中のタイ・ホア殿の前にあるタイ・ジック池の中の金魚
撮影:タイン・ホア



宮殿の美しさ
撮影:タイン・ホア

 

特に、投壺はグエン朝の王、官吏、上流だけに遊ばれる。その遊びは難しく、熟練の技術が必要である。長い矢を木で作られる馬と呼ばれる壇へ投げる。矢がジャンプし、木で作られる瓶に落ちる。伝説によると、トゥ・ドゥック王とバオ・ダイ王とバオ・ダイ王はこの遊びが得意であるという。
フエ遺跡保存センターの調査によると、2017年、延べ300万人の観光客は古都フエ遺跡群を訪れた。旧暦2018年のテトだけで、延べ3万人の観光客は、宮廷の文化とテトの多くの活動を行うフエの王城を訪れた。
特に、投壺はグエン朝の王、官吏、上流階級の人だけで遊ばれた。その遊びは難しく、特別な技術が必要で、細長い木の棒を、木で作られた馬と呼ばれる板に当て跳ね返えらせ壺へ入れる遊びである。伝説によると、トゥ・ドゥック王とバオ・ダイ王とバオ・ダイ王はこの遊びが得意であったという。

投壺はフエで、2006年、フエ遺跡保存センターにより復元された。そのおかげで、観光客はその遊びが体験できる。

フエ遺跡保存センターにより復元されたタイホア殿の後で行われた民間伝承の遊びはベトナム人だけでなく、外国人の観光客にも人気がある。多くの人々は、昔、宮廷の中のだけで遊ばれた遊びを初めて体験し、楽しさを感じていた。


文、撮影:タイン・ホア