26/01/2018 14:53 GMT+7 Email Print Like 0

古い自転車

現代的、忙しい生活で、古い自転車は千年前から生まれたハノイ首都の美の中で目立つである。それぞれの古い自転車は50年前の時のそれぞれのハノイの人民たちの記憶で忘れられないものである。
昔のハノイクラブとハノイPeugeot自転車のメンバーはパーティに招待されるようにスーツを着、ハノイのタイ湖で集中し、古い自転車をお互いに紹介した。


毎週の日曜日に、ハノイのタイ湖のタイン・ニエン通りで収集するハノイ自転車クラブのメンバー


 9年前から生まれたハノイ自転車クラブは今20歳から80歳までの100人のメンバー


今、だれでもインターネットで興味のある古い自転車を英語さえ調べ、購入できる。


塗られたペイントが新しく見える自転車は最高である。


ハノイ自転車クラブは2億ドンである古い自転車


それぞれの自転車は50年前からのハノイの記憶につながる。


50年間前からの自転車


50年間前からのハノイにつながるそれぞれの自転車


現代的で、忙しい生活の中、50年前からのハノイの記憶につながる古い自転車が守れている。


古い自転車を通じて、昔のことを顧みることができる
 

ハノイPeugeot クラブを設立するヴ―・タイン・コン氏は150台のフランスの古い自転車のコレクションを有し、「1972年、1台の自転車を販売したお金だけでハノイのセンターの一番賑やかなフエ通りにある家が購入できました。今、そのことを聞いて信じられない多くの人がいます。」と述べた。

ハノイの古い自転車を紹介する第6回Vietnam Cycle 2017は多くの人々の人気を集中した。
グエン・マイン・フン氏にとって、Peugeotの自転車が一生の宝物であるという。それは1972年、ソ連の研究生として、帰国した後、節約したお金で購入できた自転車である。当時、一番の価値のある財産でもある。

昔のハノイクラブの100人のメンバーはかけがえのない自分の自転車が一生多くの記念につながる。


古い自転車についてをご紹介しよう
 





























1950年から1980年までの時、自転車は乗り物だけでなく、それぞれの家族の貴重で、かけがえのない財産である。お金持ちの人だけはPeugeotのブランドの自転車が購入できた。

文:トン・ティエン-コン・ダット