30/05/2019 10:55 GMT+7 Email Print Like 0

南部地域における風力エネルギー、太陽エネルギーの開発

ベトナムの本土には3,260kmの海岸のがあり、1年当たりの日照時間は2500時間がある。1年当たり約230-250 kcal/㎠の平均的な放射線量がある。南部は風力エネルギー、太陽エネルギーを開発する適当な地域である。この数年間に、政府の政策に基づいて、多くの会社が風力エネルギー、太陽エネルギーを開発する分野へ投資してきた。

計画によると、2020年に、ベトナムは800 MWの総出力量がある風力発電所を建設し、2025年、2000 MW、2030年には、6000 MWの総出力量がある風力発電所を建設する計画である。
(ソース:工商省)
2013年に、Cong Ly(コンリー)建設・貿易観光責任有限会社の風力発電所-ベトナムの最初の風力発電所はバックリイエウ市、ヴィンチャックドン海岸の町に10台の風力発電タービンを稼働させた。これはベトナムエネルギー分野での初の風力を利用したエネルギー開発を表わす。
6年後、私たちはバックリイエウ市を訪れた、バックリイエウ市の風力発電所には62台の風力発電タワーがあり、総出力量99 MWで、年間3億2千万kWhが生産できる。
62台の風力タービンは海岸に設置されている。1台のタービンはアメリカのGeneral Electrics (GE) 会社製で、出力は1,6 MW あり、直径4mのステンレス鋼で高さ80m、重量は200トンである。

.


バックリイエウ市の海岸沿いに建設された62台の風力タービン。1台のタービンの出力は1,6 MW 、高さ80m、4直径4m、200tである。
撮影:コン・ダット(Cong dat)



タービン内には操作室がある。撮影:トン・ハイ


風力タービンを検査する技術者。撮影:コン・ダット


バックリイエウ市の風力発電所は1年当たり3億2千万kWhが生産できる。
撮影:タット・ソン(Tat Son)



ニントゥアン風力発電・太陽発電統合地区プロジェクトにおいて、
風力タービンを建設する作業員たち。撮影:トン・ハイ



建設中のニントゥアン風力発電・太陽発電統合地区。撮影:チュン・ナムグループの資料


ニントゥアン風力発電・太陽発電統合地区プロジェクトは
Trung Namグループにより264ヘクタールの面積で、
204MWの出力のある70万枚の太陽電池パネルを組み立てる。



ニントゥアン風力発電・太陽発電統合地区プロジェクトを完成するために、太陽電池パネルを組み立てる作業員たち。撮影:トン・ハイ

ニントゥアン風力発電・太陽発電統合地区は
面積264ヘクタールで、ベトナム唯一の風力発電・太陽発電統合地区である。

「ベトナム政府は法的な規定に関すr問題を解決しました。それで、風力発電分野は将来に、強く発展し、経済、環境に関する大きな利益を与え、ベトナムが外国の投資家に、魅力がある投資地域になることを援助します。」
( Steve Sawyer世界風力エネルギー協会(GWEC)の指導者)
バックリイエウ市における風力発電所プロジェクトの完成後、多くの風力発電所プロジェクト、太陽発電所プロジェクトはベトナムの南部に起工された。ニントゥアン省は、日光と風に恵まれた地域で、2016年にTrung Namグループは風力発電・太陽発電統合地区の建設に投資した。Trung Namグループは264ヘクタールの土地に、出力204MWの70万枚の太陽電池パネルを組み立てた。

この地域で、Trung Nam グループは約100メートルの高さがあり、50メートルの長さがあるそれぞれの羽根車がある45つの風力タービン(90-100MWの総容量がある)を組み立てた。
Trung Nam グループのグエン・タㇺ・ティエン社長によると、2019年4月16日に、この工事は完成し、国家電気ネットワークに公式参加する。このプロジェクトはベトナム最大の太陽発電所である。

屋根におけるエネルギー

私たちはヴンタウ市(バーリア‐ヴンタウ省)を訪問した。この地域は屋根における100枚の太陽発電工程がある。ヴン・タウ市における電力会社は100平方メートルの太陽電池パネルを組み立てた。このことはヴン・タウ市の50%の電気要求にこたえる。この地域における余る電気は国家電気ネットワークに供給される。
ブンタウ電力会社副社長チャン・タイン・ハイ氏によると、100枚のソーラーパネル設置工事の完了後、ブンタウ電力会社は4億ドンから5億ドンが節約できる。




2019年まで、ホーチミン市はソーラーパネルを組み立てられる約1000軒の家がある。


ブンタウ市の多くの民家の屋根に設置されたソーラーパネル。
撮影:タット・ソン



ブンタウ市における電力会社の太陽電気を検査するシステム。撮影:タット・ソン


ホンタインリゾートの所有者であるファン・クイン氏はお客の運搬のため、ソーラーエネルギーで走行する自動車を生産する。撮影:トン・ハイ


実現された4つの風力発電所プロジェクトを含む12つの風力発電所プロジェクトで、ニン・トゥアン省は風力発電所を強く開発する全国の地方の一つになる。
ヴンタウ市は屋根における100枚のソーラーパネルを応用した新都市であり、このモデルをホーチミン市は効果的に応用してきた。
ベトナム電力会社の統計書によると、ホーチミン市にはソーラーパネルの設置可能な約277.000ヶ所の屋根がある。
2019年まで、ホーチミン市は11.382 kWpの総出力量で、ソーラーパネルが設置可能な約1000軒の家がある。

ベトナム政府の政策に基づき実施された、風力エネルギー、太陽エネルギーの生産は効果的な発展をした。この大きな発展で、将来、ベトナムは世界の再生可能エネルギーを開発する国の1ヶ国となる。

文:タット・ソン
写真:タット・ソン、コン・ダット、トン・ハイ、資料