28/06/2019 12:02 GMT+7 Email Print Like 0

北部における重要な経済地域

2018年10月に、ベトナム共産党中央執行委員会で批准され、各地方により実現されてきた「2030年まで、ベトナム海地域を加発し、北部における海地域、海岸を開発すること」に関する戦略的な議決の主な内容は、ハイフォン市、クアンニン省が海経済地域になり、ラックフエン国際港と関連する北部地域の重要な経済開発の源動力になり、クアンニン省が世界の地域における国際観光の中心と繋ぐ国家観光中心であるために、ハイフォン市、クアンニン省の地域を建設すること」である。
 
2018年の国家観光年を主催するクアンニン省は1,200万人の観光客を歓迎し、24兆ドンの収入を得た。
この議決を行うために、クアン・ニン省は投資形式を多様化させ、経済の部分の潜在力を誘致し、30兆ドンの資金で、交通インフラを投資した。
特別に行われる3つの国際レベルに達する交通プロジェクトは25兆ドンの資金を融資、ハーロン-ヴァンドン高速道路プロジェクト、ヴァンドン国際空港、ホンガイ国際港を含む。
ハー・ロン―ヴァン・ドン高速道路プロジェクトはハノイ―ハイ・フォン市―クアン・ニン省間の経済発展を繋ぎ、北部の重点的な経済地域の経済発展を促進する。同プロジェクトはヴァン・ドン経済地域の新たな動力を始める重要なインフラプロジェクトである。


ハー・ロン―ヴァン・ドン高速道路プロジェクトは14兆ドンが投資され、総延長約60kmの長さがあり、
この高速道路はクアンニン省の経済と社会の促進に重点的な速度道路であり、大きな貢献を果たす。
撮影:ベトナム通信社



ヴァンドン国際空港(クアンニン省)は個人会社が投資した最初の空港であり、
7Sun Groupにより兆7億ドンが投資された。撮影:ベトナム通信社


米国のRoyal Caribbean Cruise Lines 船会社に属する
Celebrity Millennium 船は約2,000人の観光客と約1,000人の船員を乗せ、香港を出港し、
クアンニン省のハーロン湾へ入港した。
撮影:ベトナム通信社



ハーロン―ハイフォン高速道路の建設によりクアンニン省のハーロン市とハイフォン市、ハノイ間の移動時間の短縮になる。
ハーロン‐ハイフォン高速道路は24,6㎞の長さがあり、ハーロン市のバックダン橋を含み、バックダン橋の建設には7兆6億ドンが投資された。
撮影:チュン・グエン―ベトナム通信社



クアンニン省人民委員会であるグエン・ドゥック・ロン氏は
クアンニン省のハーロン湾―世界自然遺産を訪問するアジア太平洋通信社機構(OANA)
の第44回理事会に出席する代表団を歓迎する。




タンカン-ハイフォン港はハイフォン市のディンヴ半島における最も現代的なコンテナ港の1つである。撮影:アン・ダン―ベトナム通信社


ディンヴー港は2万トンの
船が接岸できるハイフォン市で最初の港である。
撮影:アン・ダン―ベトナム通信社



ハイ・フォン国際コンテナ港は北部の重点的な経済地域の最初の深水港であり、1万4千TEUのコンテナ船、
16万DWTの船が接岸可能性がある。撮影:アン・ダン―ベトナム通信社



ハイフォン市のカットバー島を訪れる国内外の観光客たち。撮影:アン・ダン―ベトナム通信社


2018年、ハイフォン港は3,200万トンのトランシップ貨物量に達し、2兆ドンの収入を得て、ベトナム北部でトップの港がある場所である。

ヴァンドン国際空港プロジェクトはBOT形式に従って建設された全国の最初の港である。ヴァンドン空港はクアンニン省だけでなく、ベトナム交通運輸分野の典型的なシステムである。
ホンガイ国際港は最初の船を歓迎した。この港の建設は世界の最も現代的な船の入港が可能であり、22万5千GTの2隻の船を同時に接岸できる。
ハイフォン市は2013年に、10億米ドルの資金で、ラックヒュエン港を建設した。
他のインフラは実現され、ハイフォン市の港プロジェクトは続けられる。ハイフォン市‐ハノイ間の新たな高速道路プロジェクトによって移動時間を90分に短縮。日本の会社がある場所であるクアンニン省への他の高速道路は今年開通させる予定である。グエン・スアン・フック首相によると、ラックヒュエン港はベトナムの海上航路戦略の重要な役割を持つ。ベトナム北部は電子設備、自動車、機械を生産する中心地になる。Samsung Electronicsはこの地域に、携帯電話を生産する工場を建設した。ラックヒュエン港と近いDeep C工業地区には約80社の国内外の企業を誘致する。

文:VNP

写真:ベトナム通信社