21/05/2018 09:44 GMT+7 Email Print Like 0

党中央委第7回総会決議

5月19日、グエン・フ・チョン党書記長は第12期ベトナム共産党中央委員会第7回総会決議に署名し、決議が発効されました。
この決議は、ハイレベルをはじめ各レベルの道徳と才能を兼ね備えた幹部育成に関わるものです。

決議は、「幹部は国の革命事業の成敗を決定する要素である。幹部育成は党建設事業と政治システムの健全化の最重要な任務の1つであり、常時任務として慎重かつ科学的に行われる必要がある」と再確認しました。

また、幹部の認識向上や、思想教育、汚職・腐敗防止対策の重要性を強調するとともに、「幹部育成に関する党の政策、路線を体制化させ、綱紀粛正を進めていく必要がある」としています。
ソース:VOV