10/10/2019 11:15 GMT+7 Email Print Like 0

光の彫刻

建築系エンジニアであるブイ・ヴァン・トゥ氏は1102展覧会のセンターの社長として、芸術の愛と光の興味で光の彫刻という新たな芸術を創造した。
学生の時、盆栽などを作るアルバイトをする回、壁に反映する盆栽で装飾するものが熊の形をすることに気になった。その後、ブイ・ヴァン・トゥ氏は自習し、光と結合し、形作る。

最初、セメントで「お母さん」という作品を実施するために、小鳥に餌をやる母鳥の姿に光を当てると子供を抱っこするお母さんの姿になる。しかし、ものづくりと光を使い、作品のメッセージを表す時の創造が実際と違う。

2014年、Vietnam‘s Got Talentというプログラムに参加する時、ブイ・ヴァン・トゥ氏のパフォーマンスは多くの人々の関心を集中した。当時、設立大学を卒業し、以上のアイディアを内室のデザインに応用したいため木の原料を研究した。2016年まで、陶器の原料が使われた。



ブイ・ヴァン・トゥ氏は1102展覧会のセンターの社長


光の彫刻は伝統的な彫刻と固定の光の結合である。


ブイ・ヴァン・トゥ氏が作った作品


数か月でかかるそれぞれの作品


有意味な作品の一つ


木で作られるブイ・ヴァン・トゥ氏の作品


木を作るの複雑であるため、慎重に創作しなければならない。


光の彫刻はイメージと想像力が必要である。
 

ブイ・ヴァン・トゥ氏によって、光の彫刻は伝統的な彫刻と固定な光の結合を表明する芸術の派である。彫刻されたものの影を通じて、特別なイメージが作り出される。作る前、イメージのアイディアを出し、完成する時の構造と割合を確定しなければならない。
 

ホーチミン主席の姿を彫刻したブイ・ヴァン・トゥ氏の作品


ホーチミン主席と題された作品


ヴォ―・グエン・ザップ大将と題された作品


ブイ・ヴァン・トゥ氏の作品が作った作品
 
文:ガン・ハー
撮影:カイン・ロン