29/09/2018 08:48 GMT+7 Email Print Like 0

人材教育におけるベトナムと日本の協力関係

日本の基準に従った国家職業技能コンテストがハノイ工業職業高等学校(HIVC)で始めて行われた。このコンテストは専門職の労働者のために、国際市場で働く機会を与えるばかりでなく、日本国際協力機関(JICA)により後援されるベトナム国の工業のために、人材を育成する協力プロジェクトの成功を表わす。

JICAの専門家である内野智裕氏 によると、職業技能コンテストは価値がある。労働者たちは将来の自分の職業に向けて目標が確定できる。労働者たちは自分に適した職業を選べるチャンスがある。職業技能コンテストを通じて、各会社は労働者の能力を正確に判断できる。


日本基準に基ずくベトナム国家職業技能コンテストに参加するために、登録する受験者。


実技試験に参加する受験者たち。


日本基準の国家職業技能コンテストは2018年6月に、ハノイ工業職業高等学校(HIVC)で行われた。

職業技能コンテストに合格した多数の受験者はベトナム国内と外国で活動している日本の会社で働くよい労働者になった。

専門家である内野氏(JICA) によると、同コンテストに参加した47%のベトナム人の労働者は職業技能証明書を取得した。日本において、同コンテストに参加した50%の日本人の労働者は職業証明書を収穫する。
内野氏( JICA)によると、日本における職業評価コンテストは労働者たちに、とって大きな意義があった。と述べた
職業評価コンテストは日本で公認され、労働者の技能を評価するための基礎である。職業技能コンテストに合格するために、労働者は知識と実技能力を取得し、労働安全規制と規律を守ることが必要である。
ベトナムと日本間の協力の成果である
日本政府は、ベトナム政府がベトナム人の専門技能を高める目的で日本基準に準じた職業技能コンテストを開催することを援助した。JICAの支援による職業技能アッププロジェクトは2010年から2013年まで、ハノイ大学で行われ成果をあげた。その後、JICAは他の8つの職業教育センターが日本基準に従う職業評価コンテストを開催することを援助している。


旋盤加工、フライス加工のコンテストに参加する受験者が使用する道具類。


旋盤加工、フライス加工の試験に参加する受験者たち。

日本基準の国家職業技能コンテストを検査する日本人の専門家たちとハノイ工業職業高等学校の教員たち。


ハノイ工業職業高等学校の教官


JICAは他の8つの職業教育センターが日本基準技能コンテストの開催を援助している。
写真説明:職業評価コンテストに参加するハノイ工業職業高等学校の学生。



ハノイ工業職業高等学校における日本基準に従う職業評価コンテストの一部。


日本の基準は職業技能コンテストに応用される。


これまで全国で171人の受験者が日本の技術基準に合格した。彼らは各企業の発展に貢献を果たしている。

JICAの専門家たちは2010年9月から2018年7月まで、労働・傷病兵・社会省に属する職業教育局を援助した。日本人の専門家たちはより高い技能を持った人材を教育し、技能評価システムを建設することで、工業の発展事業に貢献を果たした。

JICAの職業教育分野における技術協力の場において、ベトナム全国で171人が日本基準の技術コンテストに合格した。多くの合格者は、在ベトナムの日本の会社の主軸となって働いている。

プロジェクトが成功した後も、JICAと日本パートナーは工業発展とベトナムの工業の人材教育事業を引き続き活動を進めることを望んでいる。
文:タオ・ヴィー(Thao Vy)
写真:ヴィエット・クオン(Viet Cuong)
他の記事