29/10/2020 09:32 GMT+7 Email Print Like 0

中部各省、台風予防対策を促進

(VOVWORLD) - 台風9号は深刻な被害をもたらす恐れがあります。

28日未明、台風9号(アジア名:モラヴェ、日本では台風18号)は中部沿海クアンナム省からフーイェン省までの沖合に接近し、大雨や暴風を引き起こしています。この台風は西北西に時速20kmで移動しており、最大風速が1時間135∼150キロとなっています。

28日、チン・ディン・ズン副首相は被災地住民に対し、避難所に待機し、自宅に戻らないよう求めました。また、避難所の関係者に対し、人々に食料や飲料水を十分に提供するよう指示しました。ズン副首相は、記者団に対し、「これまで、台風の影響範囲内にすむ38万人を避難させたが、92隻の漁船はまだ危険な海域にある」と明らかにしました。ズン副首相は次のように語りました。

(テープ)

「海上での安全を確保しなければなりません。交通省や、国防省と関連各機関に対し、連絡を取れない船舶の捜索を促進していくよう要請します。また、避難所の検査も重要な作業です。」

こうした中、ベトナム航空局は、クアンナム省や、ビンディン省、ダナン市、フーイェン省、ザライ省の各空港の活動を停止しました。南北鉄道線も輸送を一時中止しています。これに先立ち、政府は、被災地住民を支援するために6500トンのコメを拠出することを決定しました。