23/07/2017 12:30 GMT+7 Email Print Like 0

世界にベトナムの姿を紹介するオリヴィエ・ローレル監督

カンヌ国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭、ベルリン国際映画祭、ロカルノ国際映画祭などで、候補になったオリヴィエ・ローレル監督は、はじめて、舞台をベトナムにしたバックカン省のバべー湖、ハザン省のドンバンである「紅空」という映画の監督した。
 

私たちはベトナムのハノイにおけるフランス文化センターで「紅空」という映画を紹介するイベントにあたり、オリヴィエ・ローレル監督と会った。「紅空」という映画のシナリオについて、監督はフランスの図書館の資料の映画と本、特に、フランス人の兵士の自伝を読んだ後、同映画のシナリオを書いた。 

同映画のを撮影場所を選ぶため、ローレル監督はベトナムのハロン湾、ニンビン省、ハザン省などを見て廻った。その中、バックカン省のバべー湖とハザン省ドンバン県の山岳地方の景色に特別な印象を受けた。


バック・カン省のバ・べ池とハ・ザン省のドン・バン県で撮影するベトナムの
「紅空」という映画の監督であるオリヴィエ・ローレル監督。
撮影:コン・ダット



ベトナムでの3週間の撮影において苦労したことについて、
オリヴィエ・ローレル監督は、気候と季節が大きな障害であった。森の中は暑いため疲労の連続だったという。
撮影:コン・ダット



ローレル監督はベトナムのハロン湾、ニンビン省、ハザン省などを見た。
その中、バックカン省のバべー湖とハザン省のドンバン県の山岳地方の景色に強い印象を受けた。
撮影:資料


ベトナム人のチエウ・スアン女優もこの映画の助演者である。
撮影:コン・ダット



同映画を紹介する記者会見に出席するオリヴィエ・ローレル監督
撮影:コン・ダット


ハノイの人民たちに同映画を紹介するオリヴィエ・ローレル監督

2015年、、バックカン省のバべー湖で14日間、ハザン省のドンバン県で7日間の撮影を行った。同映画の内容はフランス人の兵士がフランスとベトナムの戦争に参加するために、ベトナムへ出発した。その兵士は、今まで知らなかった国の中で、カルチャーショックを受けた。その時、ベトナム人の女性に恋をした。二人とも現実の世界と戦争から逃れるために逃避することを決め、森へ入り、バべー湖の真ん中に留まった。同映画の終わりはフランス人の兵士は捕らわれ、ドンバン山脈へ送還させられた。

オリヴィエ・ローレル監督は2007年 Rachid Bouchared監督の Indigènes映画のシナリオで César賞を獲得し、Oscar候補になった。オリヴィエ・ローレル監督も Rachid Bouchareb監督の “Hors la loi”という映画のシナリオで2010年、Oscarの候補になった。
映画のシナリオはフランスとベトナムの戦争の中、フランス人の男性とベトナム人の女性の恋愛を通じて、ベトナムの平和な世界の設立を表わす。この映画はベトナムで撮影したフランスの映画であり、ベトナムの自然な景色が重要視された。


Chia sẻ về sự khó khăn của đoàn làm phim trong thời gian tại Việt Nam, đạo diễn Olivier Lorelle cho biết, điều kiện khí hậu và thời tiết cũng là rào cản tương đối lớn, trong rừng nhiệt độ rất cao và ẩm nên các thành viên của đoàn phim đôi khi cảm thấy mệt mỏi trong quá trình quay. Thế nhưng theo ông đây lại trở thành điểm mạnh để bộ phim hiện hữu một cách chân thật hơn, bởi sự chạy trốn rồi truy đuổi của cuộc chiến diễn ra trong rừng đầy mệt mỏi. Đoàn làm phim “Bầu trời đỏ” đã dựa vào yếu tố này để khán giả cảm nhận được diễn xuất tự nhiên của diễn viên trong phim.
ベトナムでの3週間の撮影中にあった困難について監督は、気候と季節が大きな障害である。森の中は蒸し暑く疲労に襲われるという。しかし、その疲れもこの映画のポイントになる。森の中での逃げるシーンで、疲れる演出は自然になり、人々に実感を与えた。


ローレル監督はベトナムの景色、特にバべー湖とドンバンにおける景色に印象を受けた。
撮影:資料



「紅空」を撮影する時、監督は俳優の外見、演出、特に勇気を重視した。
撮影:資料



「紅空」の中のベトナムの自然の景色は最も重要である。
撮影:資料


映画の主演女優。
撮影:資料



映画の中のベトナムの景色
撮影:資料


ベトナム人の俳優。
撮影:資料



バベー湖とドンバン、メオヴァックの素敵な景色。
撮影:資料



同映画の中のベトナムの山脈地方の景色。
撮影:資料







映画の中の1シーン
撮影:資料

2017年7月、「紅空」はフランスの映画館で紹介される予定。他は、ローレル監督もMille Et Une Produtionsとともにベトナムの会社と協力し、2017年10月、ベトナムの映画館で紹介する予定である。
文:ガン・ハ
撮影:コン・ダットと資料

他の記事