26/07/2019 15:46 GMT+7 Email Print Like 0

リーソン島、文化と地質の遺産

ベトナムのクアンガイ省にあるリーソン島は、国内外で4世紀前、ベトナムのホアンサ島とチュオンサ島を守るホアンサ海兵隊のふるさとだけでなく、昔からベトナムの東海の真ん中にあり、10の火山からなる地質的、生態的な公園で、東海のモルディブと呼ばれる。
リーソン島-海洋文化の遺産

リーソン島の面積は10k㎡で、島の全ての土地は、海を護り始めた時から祖先の文化を継承している。リーソン島でヴォ―家系の系図は法的に血統のあるものとして承認されている。ホアンサ海兵隊は、17世紀にダンチョン王朝のグエン卿に命名され、海産物を開拓し、領海域の測定、ホアンサ島とチュオンサ島の主権としての1海里の印を設置などをした。正式の歴史資料によると、1631年にホアンサ海兵隊は結成されたという。


ホアンサ海兵隊の追悼の儀を行うヴォ―家系、ファム家系、リー家系。
撮影:コン・ダット


「カオレテ」の儀礼を準備するヴォ―・ヒエン・ダット氏
撮影:コン・ダット



「カオレテ」の儀式の一つ
撮影:コン・ダット

 

リーソン島はチャンパ、サフイン、大越国の文化特徴を有し、国家レベルの4つの文化遺産、省レベルの14の文化遺産と多くの他の無形文化がある。その中、ホアンサ海兵隊を追悼する「カオレテ」の儀礼は国家レベルの無形文化遺産に認められた。
1631年から19世紀の初めまで、リーソン島に住む兵士は王朝の命令を受け、毎年、3月が来ると東海のホアンサ島とチュオンサ島へ向った。ホアンサ海兵隊のファム・クアン・アイン隊長の後輩のヴォ―・ヒエン・ダット氏によると、1海里を示すため、海の遠いところへ行き、戻って来なかった人もいる。その亡くなった兵士を追悼するために、毎年、旧暦の2月で、リーソン島に住む家系は「カオレテ」の儀礼を行う。

徐々に、「カオレテ」の儀礼はリーソン島の人々の祭りになった。リーソン島の人々は、ベトナム領土であるホアンサ島を護るため犠牲になった兵士を追悼するように儀礼を行い兵士の恩を思い出すリーソン島での大きな儀礼となった。

そのため、リーソン島で、陰霊寺、ホアンサ海兵隊員の墓、アンヴィン村の庭、アンハイ村の庭などのホアンサ海兵隊に関する100の遺跡がある。

素敵な天然の景色

ベトナムの考古学協会のファム・ティ・ニン博士によると、研究の結果で、リーソン島の地質と地形は、1万年前の火山の噴火により溶岩が流れ出し今の地形を作り出した。と発表した。

2019年6月18日、19日、観光維持と発展のため、遺産の価値を保持し、発揮させるように、ベトナムUNESCO国家委員会は550人の専門家、科学者、研究者が参加するリーソン‐サ・フイン地質公園の遺産の価値についての国際科学セミナーを行った。
火山の溶岩噴出により形成され、化学と観光としての価値を持つカウ洞窟、トーヴォ―門、ジエンティエン火口、トイロイ火口などの素敵な景色が作られた。形成の過程は、南方には地質に適した様々な草木が植えられ、その中ニンニクはここの特産品である。その他、玄武岩の海岸には、水生物が生きる岩礁を作った。

ファム・ティ・ニン博士と同意見の化学地質鉱産委員の院長であるチャン・タン・ヴァン博士はリーソン‐ビンチャウ海が大きな火山の「公園」であり、世界で珍しい地質であり、将来の全世界の地質公園としての条件が揃うと思っている。



リーソン島の全体の様子
撮影:ミン・タン



高さが2,5メートルであるト―ヴォ―門
撮影:チョン・チン



ハン寺への石の道
撮影:フォン・トゥー



リーソン島における洞窟。
400年前、チャンパの人々はハン寺を設立した。
撮影:フォン・トゥー



べー島にある海岸は火山の岸壁の真ん中にある。
撮影:チョン・チン



ニンニクの畑
撮影:チョン・チン



リーソン島の石。
撮影:フォン・トゥー



海に沈み、珊瑚を見る
撮影:アイン・クアン



べー島で泳ぐ観光客。
撮影:チョン・チン

 

UNESCO地質公園協会の会長である Guy Martini博士は「リーソン
‐サフイン地質公園は地質の遺産、歴史、文化、考古学の価値があり、UNESCOに世界的な地質公園として認められることを期待しています。」と述べた。
そのため、2015年から、ベトナムのクアンガイ省は地質的な価値、文化特徴、生物多様性を保存するために、リーソン島、ビンチャウ集落、ビンハイ集落、ビンソン県を含むリーソン‐サフイン地質公園を設立した。地質と地形の価値のあるリーソン島はリーソン‐サフイン地質公園の中心であり、UNESCOの専門家に高く評価され、世界的な地質ジオパークになる潜在力を有する。今、クアン・ビン省は2019年11月、その登録書を完成した。





文:フォン・トゥー
撮影:チョン・チン、コン・ダット、ミン・タン、アイン・クアン、フォン・トゥー