09/11/2017 00:01 GMT+7 Email Print Like 0

ラン・アン(Lan Anh)女史と身障者に希望を与える活動

自身が身障者であるラン・アン女史は身障者たちと共感するので、共同体発展のための活動センター(ACDC)を設立し、この組織は身障者が共同体に信頼と希望を与えこれを使命とし、身体障害者を援助するネットワークである。
運命に屈しない

ガラスの骨を持つアン女史は半身麻痺の人になる。彼女の両親によると、すべての人々の多くは困難に直面した時、社会からの同情を受けることを望むために努力をする。彼女の両親はアン女史が「困難は自分の認識のなかだけに存在し、自分の体には存在しないと言うことを認識させる援助をする。



活動センターの事務所におけるラン・アン女史(ACDC)の監督。撮影:チャン・タイン・ザン


非政府組織の専門家たちと意見交換をするラン・アン女史。撮影:チャン・タイン・ザン


タイビン省における身障者のための仕事場を訪問するラン・アン。撮影:チャン・タイン・ザン

タイビン省における身障者のための仕事場を訪問するラン・アン女史。撮影:チャン・タイン・ザン


身障者のための雇用コンサルティングセミナーにおけるラン・アン女史。撮影:チャン・タイン・ザン

ラン・アン女史は子供の時、学校の成績は常に優であった。10年前、彼女はハノイ外国語大学の学生になった。2004年に、彼女は大学を卒業した。2010年、彼女はハノイ国家大学で、経営学 修士論文を書き修士号を得た。.
自分たち身障者には少ないチャンスしかないことを知っている。苦難に直面したとき、他の人は諦めるが、身障者たちはもっと強くなり努力をする。ラン・アン女史は「私たちは自分の小さいなチャンスを受けます。」と言った。

自分の苦難を克服するのは容易ではない、ACDCはラン・アン女史と身障者共同体へかけた望みの結晶である。

ACDCを建設する過程
1つの組織を維持することは簡単ではない。ラン・アン女史と同僚たちは長期に渡り、パートナーとスポンサーの信頼を建設した。
ACDCは新たなアプローチで、多くの認識を変化させた。ACDCのアプローチは人々の慈善を求めるものではなく、身障者の権利、可能性を基本とする。

ラン・アン女史によると、身障者が社会から尊重され、社会活動に入り、権利を得ることが必要である。
ACDC身障者が自分の権利を認識することを助けた。ACDC身障者のための無料法律カウンセリングプロジェクト、身障者に関する政策改善懇願プロジェクト、身障者のための雇用教育プロジェクトなどのプロジェクト、プログラムは身体障害者が互いに合流し、数多くの友達を有し、共同体に加入するために、自信を有し、仕事を得る。




ACDCセンターで行われたセミナー。撮影:チャン・タイン・ザン


新しい本部のACDCセンターにおけるラン・アン女史と社員たち。撮影:チャン・タイン・ザン

「私は強い」写真展覧会における開幕式に出席するラン・アン女史。撮影:資料


「私は強いである」写真展覧会におけるラン・アン女史。撮影:資料


国連の身障者権利に関する公約の実現を促進する会議を歓迎するGARAにおけるラン・アン女史。撮影:資料


ラン・アン女史と彼女の家族。撮影:資料

2013年、ラン・アン女史はハノイ国際女性クラブの「2013年の女性のビジョン」賞を授与された。Paulina Pineda女史・ハノイ国際女性クラブの指導者は「自分の望みを実現するために、人々は思想、意志、勇気、自信を持つことは必要です。ラン・アン女史は、これを持っています。ラン・アン女史は私が困難が私の中に認識として存在し、自分の体に存在することを理解することを援助します。ラン・アン女史なので、私たちは世界における自分の貢献を考えます。」と言った。
現在の成功を収めた過程には、ラン・アン女史は努力と正確な認識が有る。彼女についての話は共同体のために、信頼を作り、共同体に対しての認識を変えさせ、困難は意識の中に存在し、自分の体ではないことを認識した。


ACDC は「信頼と希望を与える」使命で、身障者の共同体と同行する組織である。ACDC の4つの目標は身障者に関する政策改善を懇願すること、身障者のグループ、チームの活動を援助すること、身障者に関する共同体の認識を高めること、身障者の権利を保護、援助するための世界における新しいモデルを実現することなどである。


文:タオ・ヴィー(Thao Vy)
写真:チャン・タイン・ザン(Tran Thanh Giang)、資料
他の記事