03/08/2018 15:49 GMT+7 Email Print Like 0

ラム・ヴァン・バン(Lam Van Bang)不傷兵と戦争遺品

戦争の後ラム・ヴァン・バン不傷兵は、多くの傷跡があるのに、「投獄された革命兵士の博物館」を設立した。
「投獄された革命兵士の博物館」と戦時品の遺品
2006年10月11日、「投獄された革命兵士の博物館」は、ハータイ省に建てられ、ベトナムの最初の個人の博物館として知られる。
1985年、バン氏とその従業員は、橋の下に数トンの重さがある爆弾を発見した。その後に、バン氏は橋の下に滑車を設置し爆弾を掘り出した。この爆弾は、多くの人民の注目を引いた。それで、バン氏は戦争時の遺物博物館を設立することを決定した。

ラム・ヴァン・バン氏(2018年6月)


「投獄された革命兵士の博物館」の代理のために、贈り物、賞状を授与する
ホアン・チュン・ハイ氏(ハノイ市人民委員会書記長)(右側)


2016年に、投獄された革命兵士の博物館ベトナム政府の第3等の労働勲章授与10周年記念式における
ラム・ヴァン・バン氏。撮影:資料



ラム・ヴァン・バン氏(白い服)とアメリカの撮影隊(2018年6月)


投獄された革命兵士の博物館のために、遺物品の集める過程において、ラム・ヴァン・バン氏は全国の数多くの捕虜収容所や殉教者墓地を巡礼した。撮影:資料

投獄された革命兵士の博物館(ハノイ市、フースイエン郡、ナムチエウ町、ナムクアット村)はベトナム政府から第3等の労働勲章を授与された。
バン氏は全国における数多くある捕虜収容所を廻った。その訪問先で、ある家族の12 m2 の広さの部屋に陳列された最初の遺物を見つけた。
これらの遺品は、バン氏の説明により人々により解りやすく説明された。ラム氏の家族はこの博物館の建設のために、1600 m2の土地を譲与した。
多くの場所から送られてきた様々の戦時品は、5000点(2018年現在)になった。
後世代のために、伝統的愛国心の教育をする空間

投獄された革命兵士の博物館は、ホーチミン主席とフーコック地域における捕虜収容所で亡くなった殉教者の礼拝堂、アメリカ抗戦資料コーナー、アメリカ軍人による拷問の様子を再現した部屋、フーコック捕虜収容所における当時の軍人の様子を紹介するコーナーなど10区画の陳列コーナーがある。
この博物館には特別な案内人はいなく、15名の旧軍人により運営されている。これは、多くの観光客たちに深い感銘を与えた。設立10年後には、この博物館は、多くの観光団の目的地になっている。



対アメリカ戦で使用された小物や写真資料が陳列されている。


5000点の戦時品が陳列された博物館


博物館アメリカ軍人の拷問の様子を人形によって紹介するラム・ヴァン・バン氏。


観光客たちに、博物館に展示された遺物品を紹介するラム・ヴァン・バン氏。撮影:資料


博物館に陳列されたフランス抗戦時におけるいくつかの遺物品。

設立10年後に、同博物館は、数千人が訪れる観光ツアーの目的地になった。

投獄された革命兵士の博物館を訪れると、観光客たちは「平和」の重要さを感じる。
博物館を訪れると、私たちとバン氏は、タバコケースのサイズがあるベトナムの国旗である品を見た。
これは
フーコック収容所におけるベトナム共産党党員の入党式に使用された。この国旗の所持の責任を負った最後の人であったグエン・ヴァン・ズー氏である。
ズー氏は、敵による検査の度に、旗をナイロンに包み、その袋を胃に飲み込んだ。その後に、彼はこの旗を胃から引き抜き、収容所に収容された軍人の戦闘決心を懇願するために、国旗を壁に掲げた。これは半世紀に及び、革命軍がベトナム国家の旗を尊重し、守り抜いたことである。


文:タオ・ヴィー(Thao Vy)
写真:タット・ソン、資料

他の記事