27/05/2017 13:53 GMT+7 Email Print Like 0

ライ・ヴンみかん

砂洲で堆積されたハウ川のそばにあるドンタップ県はクーロンデルタの果物の穀倉地帯がある。ここの果物は特別な特産物になり、農民たちの生活を改善させた。
ライヴン県における両側の道は収穫のシーズンの中のみかんが見える。みかんはヴィントイ集落、タンフオック集落、タンタイン集落とロンハウ集落などで最も多いである。面積2,000haの土地で、毎年、4万トンのライヴン県のみかんが収穫される。今、ライヴン県のみかんは全国の各省や市で販売される。

特に、みかんはクーロンデルタ以外のところで栽培すると、ライヴン県で栽培されたみかんより品質が劣る。そのため、ライヴン県はクーロンデルタの人々に「みかんの王国」と呼ばれる。


ライヴン県はクーロンデルタの人々に「みかんの王国」と呼ばれる。
撮影:コン・ダット



ライヴン県で栽培されるみかんは品質が良く、生産率が高い。
撮影:コン・ダット


古木のみかんの木に登り、みかんを狩る。
撮影:コン・ダット



毎年、みかんの栽培地域を訪れる観光客は4500人になる。
撮影:コン・ダット


ライヴン県で栽培される果物。
撮影:コン・ダット


みかんの木の枝が折れないように紐で結ぶ。
撮影:コン・ダット


年末はライヴン県のみかんの収穫シーズン。
撮影:キム・フオン


ここのみかんの房はとても多い。
撮影:キム・フオン



ここで観光客は農民の生活が体験できる。
撮影:キム・フオン


みかんの収穫シーズンには、多くの観光客はみかん狩ツアーに参加する。
撮影:キム・フオン


ライヴン県は、みかんを栽培することで、多くの国内外の観光客の観光地になる。
撮影:コン・ダット



全国に配送されるライヴン県のみかん。
撮影:コン・ダット



正月の時、大量のライヴン県のみかんは全国で販売される。
撮影:コン・ダット
特に、みかんを栽培するところだけでなく、ライヴン県は国内外の観光客が集まる観光地でもある。みかん狩りのツアーはここの農民たちの生活を豊かにさせた。

2016年、みかんを栽培する場所は少なかったが、今まで、ライヴン県で7箇所の観光地がある。

みかんの収穫シーズンには、観光客はみかんの収穫体験ができる。

農民たちの生活を体験した後、観光客はおいしいみかんが賞味できる。みかんも意味のあるお土産になる。


文、撮影:コン・ダット-キム・フオン