02/02/2018 16:35 GMT+7 Email Print Like 0

モクチャウ高原

モクチャウ高原はベトナムのソンラー省ヴァンホー県とモックチャウ県にあり、四季の果物が豊富にあり、「ベトナム西北地方のダラット」と呼ばれる。真っ白いプルーンの木の谷間、木のような色を有する桃の森、黄色っぽいはキャノーラの畑などは観光客を呼び寄せる。
面積1200ha のプルーンの栽培地区は、主にヴァンホー県ローンルオン集落、ノンチュオン町、タンラップ町、モクチャウ県ムオンサンに集まっている。2018年の年初の時、村と谷間の全体はプルーンの木に囲まれ、一面真っ白になった。

毎年5月、ナカ、パケン1、ノンチュオン町に到着し、プルーンの木を観賞し、プルーン狩りはモクチャウ県の観光のツアーに入られた。
モクチャウ、ヴァンホーに、プルーンの花の開花が始まると、モン民族の正月(テト)を迎える時が来る。ナーカ村、バーファック村、チエンディ村、ローンルオン村などで、コケの生えた屋根、村への道、畑などはプルーンの花で覆われる。

モクチャウ県ムオン・サン集落の山にあるアプリコットの花。
撮影:グエン・タン


山に咲くプルーンの木の花
撮影:タット・ソン

モクチャウ高原は観光客にベトナム西北の花の首都と呼ばれる。桃の花、プルーンの花、欄などは多くの芸術者の作品のアイディアになった。
撮影:タット・ソン



モクチャウ県ノンチュオン町のナカ谷間にある白いプルーンの木の花。
撮影:タット・ソン



チエン・ディ村にあるプルーンの木の花の下にいるモン民族の親子
撮影:タット・ソン



ナカプルーンの花の谷間
撮影:タット・ソン



ナーカはプルーンの花の谷の一つである。ここの頂上から真っ白のプルーンの花の谷間の全体が見える。
撮影:タット・ソン


ナーカはプルーンの花の谷の一つである。ここの頂上から真っ白のプルーンの花の谷間の全体が見える。
撮影:タット・ソン



ヴァン・ホ県チェン・ディ1村にある真っ白のプルーンの花。
撮影:コン・ダット


t
チェン・ディ1村にある真っ白のプルーンの木の花。
撮影:トン・ティエン



プルーンの木の森の中にいるモン民族の一人。
撮影:コン・ダット



ナカ村のプルーンの森。
撮影:カイン・ロン


チェン・ディ1村にいる年寄り。
撮影:カイン・ロン



春の到来を待つチェン・ディ1村
撮影:チン・ボ



モクチャウ県のタイ民族の一人

撮影:トン・ティエン


プルーンの木の花の満開の期間は2、3週間だけである。
撮影:タイン・ザン



チエン・ディ1村のモン民族の日常生活。
撮影:タイン・ザン



景色を撮影する写真家。
撮影:タット・ソン

 

2018年2月2日・3日、ヴァンホ県は山岳地域に自生する桃の木は、ここの民族の特徴を紹介する桃祭りを行う予定。
山にある桃の木はベトナム西北の山脈の特別な木であり、自然に自生している。

11月の中旬、冬が訪れると、モクチャウ高原にあるキャノーラの花が満開になる。モン民とタイ民族が栽培したキャノーラは3か月で満開になる。

モクチャウ高原のバーファック村、アン村、トゥンクオン村、ブア村におけるキャノーラの花畑は最高である。

バーファック村への道の両側にはキャノーラの畑が広がる。キャノーラの花の天国と呼ばれるここで、観光客は自由にキャノーラの花が撮影でき一時のバーチャルライフが体験できる。


キャノーラの谷間と草地。
撮影:チョン・チン



モクチャウ県ノンチュオン町にあるバ・ファックキャノーラ畑。
撮影:ヴィエット・クオン



バ・ファック村への道はキャノーラの花に囲まれる。
撮影:ヴィエット・クオン



モン民族はキャノーラを栽培することで生活が改善される。
撮影:タット・ソン



モン民族の少女たち
撮影:ダン・ソン

 

他は、モクチャウ高原を訪問すると、観光客はここの四季の花が観賞できる。

モクチャウ県人民委員会のファム・ドゥック・チン会長はモクチャウ県の農産物がここの特産物につながる観光を促進していると述べた。


文、撮影:ベトナムフォトジャーナルのコアン・カック・ヴァンクラブ