19/05/2020 14:31 GMT+7 Email Print Like 0

メコン川に捨てられたプラスチック廃棄物対策

中国、ミャンマー、ラオス、タイ、カンボジアとベトナムを流れる川であるメコン川は700万人に供給される水源である。しかし、メコン川に投棄されたゴミは、世界で汚染状況がワースト10の河川の1つである。今、大メコン圏はメコン川に捨てられたごみの回収に努力している。
この2月、ラオスのビエンチャンでメコン川委員会(MRC)とアジア-太平洋の国連環境計画(UNEP)で行われるセミナーにおいて、大メコン圏に属するカンボジア、ラオス、タイとベトナムの政府の50人の職員と研究者は、メコン川に捨てられたプラスチックごみの汚染状況を研究し、その解決方法について会談した。

今回のセミナーは大メコン圏の汚染状況について、メコン川の近くの環境が人々に与える影響について 科学的に詳しい情報と証拠を提示し、その問題を解決するため協力することに一致し、政策を提出した。


ベトナムのカントー市ニンキエウ区の水上マーケット周辺に浮かぶ多くのプラスチックのごみ。
撮影:タイン・リエム-ベトナム通信社



カンボジアを流れるメコン川の地域にあふれるたプラスチックのごみ
撮影:AFP-ベトナム通信社



タイでメコン川の水質を保護と環境について認識させる運動でプラスチックボトルを入れたプールで泳ぐ子供たち
撮影:AFP-ベトナム通信社



ベトナム環境局、みどり成長院、韓国のハンファグループは、ヴィンロン省に流れる「メコン川を掃除」と題された運動を行った。その運動に参加した数10人のボランティアはメコン川に捨てられた廃棄物によって汚染された川を回復させるために、プラスチックごみを回収した。
撮影:レー・トゥイ・ハン-ベトナム通信社


 
ヴィンロン省に25億ドンを投資し、太陽エネルギーを使用するごみ回収船の引き渡しをする韓国のハンファグループ
撮影:レー・トゥイ・ハン-ベトナム通信社

 

国連開発計画ベトナム事務所のケイトリン・ヴィーゼン所長は、大メコン圏の政府、企業と人々に適切な行動を実施することを呼びかけた。それは使い捨てのプラスチックを使用せず、環境に優しい製品を使い、プラスチック廃棄物の回収と処理を行う。
2017年11月 Environmental Science & Technology雑誌によると、メコン川は世界の大洋へ捨てられたごみの88%から95%を占める。 Christian Schmidt博士、ドイツの Helmholtz環境研究センターの水分学地質者の研究にもよると、メコン川は世界で一番汚染の酷い川の1つである。

2019年末、ベトナムの政府とクーロン川デルタ周辺の人々は、決意し行動した。この間、ベトナム環境総局は韓国のハンファグループと協力し、「メコン川を掃除」と題した運動を行った。同時、ハンファグループはヴィンロン省に25億ドンを投資し、太陽エネルギーを使用するごみ回収船を送った。ハンファグループの社長でもある通信委員会会長によると、実験が成功すれば、ハンファグループは、他の各省庁にそのごみ回収船の活動を拡大する予定である。

他は、カントー市は、オランダのオーシャン・クリーンアップ計画(TOC)と協力し、川のごみ回収船を配備した。TOCの計画が研究した回収船は、ソーラーエネルギーで動く。この計画では水面の90%のごみを回収する予定である。回収が順調になれば、TOCは、全世界の河川で数百のごみ回収のシステムを設定する。

文:フォン・トゥー
撮影:ベトナム通信社