15/10/2018 10:01 GMT+7 Email Print Like 0

メコン・日本協力間の新たな発展

東京で行われた第10回の日本・メコン協力首脳会議は成功に終わった。2019年~2021年におけるメコン・日本協力の方向性は、2018東京協力戦略を通じて、メコン諸国と日本間の協力が戦略的なパートナーとなることを促進する決定で、メコン・日本間の協力の新たな発展を作り出した。


戦略的なパートナーシップに向上させ
第10回の日本・メコン協力首脳会議においては、安倍 首相、グエン・スアン・フック首相、プラユット・チャンオチャタイ首相、アウンサンスーチーミャンマー国家顧問は最近、メコン・日本間の協力状況、新たな段階における、メコン・日本間の協力方針、いくつかの国際問題、地域問題について討論した。

安倍 晋三首相とメコン諸国の指導者たちは、メコン・日本協力は10年間の長期に渡り、平和で安定した地域の建設、経済の開発など多くの業績をのこした。アセアンの加入に積極的な貢献を果たし、多くの成功を上げた。

2016年~2018年における2015東京戦略に対しては、各指導者は、多くの分野における数百件のプロジェクトが実現し、インフラを改善させ、経済・工業協力を促進し、日本・メコン諸国の人民間の交流を促進することを歓迎した。メコン諸国の指導者たちは日本が2016年~2018年の段階において、7500億円を援助したことを高く評価した。

グエン・スアン・フック首相の歓迎式において、整列したベトナム軍隊の護衛兵を閲兵する安倍 晋三日本首相とグエン・スアン・フック首相。撮影:トン・ニャットーベトナム通信社


グエン・スアン・フック首相、 プラユット・チャンオチャ(Prayuth Chan-ocha)タイ首相、アウンサンスーチーミャンマー国家顧問、安倍 晋三日本首相、トーンルン・シースリットラオス首相、フン・センカンボジア首相の記念写真。撮影:ベトナム通信社

2018年10月9日の午前、東京で開催された、第10回の日本・メコン協力首脳会議に出席するグエン・スアン・フック首相とベトナム代表団。撮影:トン・ニャットーベトナム通信社


各国首相とU17 メコンサッカー チームのチームキャプテン、U17日本サッカー チームのチームキャプテンとの記念撮影。撮影:トン・ニャットーベトナム通信社


グエン・スアン・フック首相と会談する安倍 晋三日本首相とグエン・スアン・フック首相。撮影:トン・ニャットーベトナム通信社


会談の後、報告会でスピーチをする安倍 首相とグエン・スアン・フック首。
撮影:トン・ニャットーベトナム通信社

2018年10月9日の午後、東京で、グエン・スアン・フック首相と第10回の日本・メコン協力首脳会議に出席する各団長は明仁天皇に謁見した。撮影:ベトナム通信社

伊達 忠一参議院議長と会見するグエン・スアン・フック首相。撮影:トン・ニャットーベトナム通信社


大島 理森衆議院議長と会見するグエン・スアン・フック首相。撮影:トン・ニャットーベトナム通信社


グエン・スアン・フック首相はJETROと計画投資省、在日本ベトナム大使館によって開催されたベトナム投資促進フォーラムに出席した。撮影:トン・ニャットーベトナム通信社

日本訪問のエリアにおいて、2018年10月8日の午後、東京で、グエン・スアン・フック首相は二階 俊博ベ日越友好議員連盟会長と会見した。撮影:トン・ニャットーベトナム通信社
安倍 晋三首相とメコン諸国の指導者たちはメコン諸国・日本間の協力関係を戦略的なパートナーシップに向上させることに決定した。同会議はメコン諸国・日本間の交流を促進させるために、イベント「2019年のメコン諸国・日本交流年」を開催することについて意見が一致した。
会議の終わる前に各指導者は2019年~2021年における2018年の東京戦略、メコン諸国・日本間の協力プロジェクト、世界的及び地域的に発展協力する3件のリストを承認した。
メコン・日本間の協力におけるベトナムの役割

在東京ベトナム通信社の新聞記者によると、Japan Times新聞は10月6日において、日本・メコン協力とベトナムの役割に関する専修大学の池部亮教授の記事を掲載した。

この記事はベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマーを含むメコン河流域の重要な役割を強調した。メコン河流域は大きな市場、中国、インドなどのダイナミックなアジア諸国と東南アジア諸国を繋ぐ特別な地理的位置を持つ。これらの強みで、メコン河流域はアセアン諸国の生産・消費中心になる潜在力を持つ。

メコン河流域との協力規制は2007年から日本により進められた。2012年東京戦略、2015年東京戦略はメコン・日本協力が確実に実行され、この地域の質の高い成長のために、3年間で、日本政府のODAから7500億円(66億米ドル)の援助が、メコン・日本首脳会議に提出された決定された。

メコン・ジャパンの協力メカニズムは重要であり、ベトナムの社会と経済開発に対し優先事項に沿っている。2018年、ベトナムはアセアン日本間の外交関係コーディネーターの責任を公式に負い、これによりメコン・日本協力に積極的な貢献を果たすことができる。



ヴィエット・ドゥック(Viet Duc)病院と北原病院間の医療協力に関する覚書交換式に出席する安倍 晋三日本首相とグエン・スアン・フック首相。撮影:トン・ニャットーベトナム通信社

海と大洋政策協力に関する覚書交換式に出席する安倍 晋三日本首相とグエン・スアン・フック首相。
撮影:トン・ニャットーベトナム通信社



第1のBOT・ヴァン・フォン火力発電所に関する工商省、住友グループ、ヴァン・フォン電力会社間の協力覚書交換式に出席する安倍 晋三日本首相とグエン・スアン・フック首相。撮影:トン・ニャットーベトナム通信社


在日本ベトナム留学生に関する協力契約交換式に出席する安倍 晋三日本首相とグエン・スアン・フック首相。
撮影:トン・ニャットーベトナム通信社



益子 修三菱自動車工業の代表取締役兼最高経営責任者(CEO) と会見するグエン・スアン・フック首相。撮影:トン・ニャットーベトナム通信社


2018年10月10日の午前、東京で、日本の大手会社とのセミナーに出席するグエン・スアン・フック首相。撮影:トン・ニャットーベトナム通信社


三毛兼承(Kanetsugu Mike)MUFG銀行(日本の最大の銀行)の指導者と会見するグエン・スアン・フック首相。撮影:トン・ニャットーベトナム通信社

2018年10月10日の午前、一部の日本企業と会談したグエン・スアン・フック首相。写真説明:グエン・スアン・フック首相と各代表。撮影:トン・ニャットーベトナム通信社


2018年10月9日の午後、日本の東京で、計画投資省、ベン・タイン会社、ホーチミン不動産協会により開催される日本の不動産企業とのセミナーに出席するグエン・スアン・フック首相。撮影:トン・ニャットーベトナム通信社


安永 竜夫井物産株式会社社長と会見するグエン・スアン・フック首相。撮影:トン・ニャットーベトナム通信社

日本訪問のエリアにおいて、2018年10月8日の午前、東京で、イオン株式会社取締役兼代表執行役社長グループCEOの岡田 元也氏と会見するグエン・スアン・フック首相。撮影:トン・ニャットーベトナム通信社


VietjetAir航空会社の日本への就航路の落成式に出席するグエン・スアン・フック首相。撮影:トン・ニャットーベトナム通信社


垣内 威彦三菱商事株式会社社長 と会見するグエン・スアン・フック首相。撮影:トン・ニャットーベトナム通信社
日本は、メコン・日本協力の枠組みにおいて、年間に渡り、ベトナムに、最大のODAを援助する国家である。ニャットタン橋のプロジェクト、ノイバイ空港、タンソンニャット空港、カントォー橋、ラックヒュイエン港(ハイフォン市)、カイメップ‐ティーヴァイ港(ホーチミン市)、ハイヴァン隧道など、多くのプロジェクトはベトナムの経済と社会発展に大きな貢献を果たした。

メコン・日本協力は多くの分野で、日本・ベトナム関係を促進する。2017年、日本は91億米ドルの直接投資(FDI)で、ベトナムの最大の外国投資国家になった。2018年の半年で日本の直接投資(FDI)は65億米ドルに達した。
日本企業数は3100社になり、この4年間で40%増えた。2018年6月まで、在ベトナム日本会社協会のメンバー会社の数量は1788社に達する。
2017年のベトナム・日本双方の貿易金額は338億4千万米ドルに達し、2018年の初頭の3ヶ月間で、87億米ドルに達した。日本は包括的および先進的な環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)のメンバー諸国の最大の貿易パートナーの第4位にランクされ、ベトナムの最大の貿易パートナーである。
文:ベトナムフォトジャーナル
真:ベトナム通信社

他の記事