19/01/2015 10:01 GMT+7 Email Print Like 0

ホー・ゴック・ヒエウ(Ho Ngoc Hieu)画家と焼き絵

ベトナム自然についての焼き絵コレクションとホーチミン主席についてのブット・ルア絵コレクションで、ホー・ゴック・ヒエウ(Ho Ngoc Hieu)画家はベトナム記録組織により、最多のこの2つのテーマについての焼き絵を描いた人として公認された。
1960年に生まれたホー・ゴック・ヒエウ画家によると、以前、友達から焼き絵をもらった、その後、彼は、この絵に興味を持った。彼は、焼き絵の描き方を勉強することを決めた。 

ホーチミン市、第9地区におけるホー・ゴック・ヒエウ画家の画廊。 

「ベトナムの火心」として呼ばれるホー・ゴック・ヒエウ画家(2014年8月)

焼き絵を描く道具は電気コテの筆、定規、鉛筆、木片を含む。


美しい絵を作るためには、画家は細かく描くとが必要である。

ホー・ゴック・ヒエウ画家の記章、記録公認書。撮影:資料。
 
«
     
焼き絵の発祥はアフリカである。焼き絵を描く道具は電気アークの筆、定規、鉛筆、木片を含む。
»
ホー・ゴック・ヒエウ画家は、長い間に、絵を描く経験がある。彼は自分の筆を作るために、電気コテの製造方法についての資料を研究した。

しかし、美しい絵を得るために、画家は細かく描くことを堅持することは必要であった。  ヒエウ画家の焼き絵は特徴があり、深い感銘を与える。

焼き絵を描くための資料を探す過程においては、ヒエウ画家は18世紀の後半、19世紀の前半において、フランスの写真家が撮った風景写真を見つけた。この風景写真を通じて、ヒエウ画家は2012年4月から2013年10月まで、1908年におけるグオム(Guom)湖の作品、「1915年におけるロン・ビエン橋」作品、「1920年における文廟」作品、「昔のハロン湾」作品などの「昔のベトナム」と題された31枚の絵を描いた。
焼き絵の簡素なことは昔の風景、ロマンチックな風景を描くことに適当し、見る人が昔のベトナムの有名な地名を理解することを援助する。絵について、話すとき、ヒエウ画家は絵を描くとき、画家は絵画に対する愛情、勤勉、詳しいことを有することは必要である。
 
ホー・ゴック・ヒエウ画家のいくつかの作品
17枚のホーチミン主席についての絵のコレクション。 

ヴォー・グエン・ザップ大将についてのブット・ルア絵。 

銅鼓についてのブット・ルア絵 

ヒエウ画家のホーチミン主席についての作品。

「昔のサイゴンの給水塔」

「サイゴン市場」作品
「昔のサイゴンのクアイ・クアン・ホイ橋」作品 

ヒエウ画家の焼き絵。 

ヒエウ画家にとっては、絵を描くことは生活に対する愛情を表現する。

ホー・ゴック・ヒエウ画家にとっては、絵を描くことは生活に対する愛情を表現する。彼の作品は自然、生活、人物に関するテーマを有する。彼は焼き絵を自分の心で描く。

文:ソン・ギアー
撮影:
グエン・ルアン