29/04/2020 11:02 GMT+7 Email Print Like 0

ホーチミン市:近代的でスマートな都市

統一後、南部を開放した45年後、ホーチミン市は戦争で壊滅した都市から我が国は、ASEAN地域の最初の先端の経済の中心となった。人口が1300万人の急激な人口増加により、人民たちの需要に応じた現代的で、スマートな都市にするのは、ホーチミン市が向けている目標である。
45年間で建設されたサイゴン-ホーチミン市は活発で現代的な都市であるが、文化と歴史の価値も有する。1区のセンターになるBitexcoビルやビンタイン区にあるLandmarkビルのような多くの現代的なビルが建設された。しかし、ドゥックバ教会、郵便局、オペラハウスなどの古い建物は、時が過ぎても残っている。

都市における交通の事情を円滑にさせるために、ビルとともに、グエン・ヴァンリン通り、ハノイ通り、ヴォーヴァンキエット通り、ファムヴァンドン通りなど広い通りは都市の門において開かれる。他は、川の水上バスの運行、1号線のMetro電車が早急に建設された。
 

活発で、現代的な都市


ホーチミン市の心と呼ばれるドックラップ宮殿は国内外の観光客が訪問する観光のスポットであり、ベトナムの南部の共産党、政府の高官を迎える場所でもある。
撮影:ザン・ソン・ドン


 フー・ミー・フン新市街における図書館のシステム
撮影:資料



Vietnam Motorshowはホーチミン市でよく開かれ、世界の有名な車のブランドを集める。
撮影:グエン・ルアン



安寧を守ることに貢献する2千台の防犯カメラが備えた。
撮影:トン・ハイ



自然に親切で、空気がおいしい空気を有するフー・ミー・フン新市街
撮影:資料

 


高さが461メートルで、81階建てのLandmarkビルは2018年で完成され、ベトナムの最高のビルであり、今の世界の最高の20のビルの一つである。
ホーチミン市は人材を集め、働きに行くなどの外国人、外国から留学生などが来る場所である。それは人口過剰に応じるスマートな都市であり、人民の生活を保護するための都市企画の面で、機会及び挑戦である。

特に、ホーチミン市はスマートな都市を発展させる投資家を集中するオープンな政策を実施した。その都市のプロジェクトは維持的な発展の方向があり、人民たちの生活を改善させることに貢献する。

27年前、7区、ニャベー県を含む南サイゴンは運河システムが織り交ざり、いつも洪水である。そこに住む人は少なかった。投資家と若者のエンジニア―は自然の運河に囲まれる現代的な都市を設立するアイディアがあった。

東部の方で都市を発展することについて当時の政権の援助で、面積が443haであるフー・ミー・フン新市街は現代的で、4万人を集中する。

この10年間フー・ミー・フン新市街のセンターであるReverside Residence地区に住むホアンマイさんは娯楽地、職場、スポーツのジム、プールなどがあるためここが安全で、便利である。


 
 フー・ミー・フン新市街におけるプールのシステム
撮影:資料



多くの国際学校が集まるフー・ミー・フン新市街
撮影:資料



フー・ミー・フン新市街における子供に向けの娯楽地
撮影:資料



人民たちが体操をするフー・ミー・フン新市街における地区
撮影:トン・ハイ



多くの家族が フー・ミー・フン新市街を選択する。
撮影:トン・ハイ

 

2007年から多くの韓国人が住むフンザ地区韓国人のハ・ジウォンさんは「私はここで空気がおいしく、安全であるが、どこがベトナムであるか、どこが韓国であるかはわかりません。ベトナム人である知り合いと近所の人々は親切であり、熱烈です。」と述べた。
フー・ミー・フン新市街に次ぎ、 Diamond Island、 Vinhomes Central Park、 Sala、 Nam Rạch Chiếc、 トーゥ・ティエム, Lakeview Cityなどのような面積が200ha以上である多くの新市街のプロジェクトは現代的で、上級な都市が設立された。
フー・ミー・フン新市街はみどりを重視するため、ホーチミン市で最もみどリが多い場所である。フー・ミー・フン新市街の中の最高のビルは29建てのビルである。ビルを設立する場所はフー・ミー・フン新市街の面積の26,5パーセントを占める。その残りの土地で社会施設と公園が設立される。

特に、Manulife、 Starbucks、Crescent Mallなどの多くの画国からの企業がフー・ミー・フン新市街で支社を設立したことは経済を発展することに貢献する。RMIT、SSIS、Renaissance、ディン・ティエン・リー、( Đinh Thiện Lý)、台北、韓国 などはここにも集まる。


 夜のフー・ミー・フン新市街の様子
撮影:資料



 
フー・ミー・フン新市街におけるショッピングモールであるRobins
撮影:トン・ハイ



フー・ミー・フン新市街におけ質が高いFulbright大学
撮影:グエン・ルアン


フー・ミー・フン新市街はショッピングモール、娯楽地などがある
撮影:トン・ハイ

 

面積が4万㎡である会議・展示会センターであるSECCは2008年から活動し、国内外の貿易、娯楽などの需要に応じる。他は、フーミーフン祭り、光祭り、Lawrence S.Tingジョギング、Terry Foxジョギングなどはフー・ミー・フン新市街の多くの活動の一つである。

2019年、ホーチミン市は全国の国内総生産(GDP)の23パーセントを、国家予算の27パーセントを占め、成長率が一年で8、32パーセントに達し、当地における総生産GRDPは134万7千ドンに達する予定であり、直接投資の資金が80億米ドルである。延べ860万人の観光客はホーチミン市を訪問する。観光の総収入は2018年より10、15パーセントに増える。
ソース:ホーチミン市時計局
文:ソン・ギア
撮影:グエン・ルアン、トン・ハイ、ザン・ソン・ドンと資料