25/11/2020 09:04 GMT+7 Email Print Like 0

ホーチミン博物館 開館50周年を記念

(VOVWORLD) - これまで、ホーチミン博物館を訪れた人数は700万人の外国人を含む3000万人以上で、その中には、多くの国や国際組織の指導者らがいます。

24日午前、ハノイで、ホーチミン博物館は、11月25日の開館50周年を記念する式典を行いました。式典には文化スポーツ観光省の他、ベトナムに駐在するロシア、中国、タイ、イスラエル、マレーシアなどの大使館の代表も出席しました。

式典で発言に立った文化スポーツ観光省のタ・クアン・ドン次官はホーチミン博物館の歴史を振り返り、次のように語りました。

(テープ)

「この50年間、ホーチミン博物館は、国の重要な遺産であるホーチミン主席に関する遺産の保存・発揮という党と国家に委託された任務を立派に果たしてきました。ホーチミン博物館の取り組みにより、ホーチミン主席の生涯や革命事業、思想などに関する多くの資料や現物が収集・展示され、国内外の人々にホーチミン主席のことを理解してもらえるようになりました。また、「ホーチミン主席の道徳を見習おう」という運動においてもけん引役を果たしています。」

なお、今から50年前の1970年11月25日、ベトナム共産党中央書記局は、ホーチミン廟とホーチミン博物館の建設に関する決定を出しました。ホーチミン博物館の建設工事は1985年8月31日に始まり、ホーチミン主席の生誕100周年にあたる1990年5月19日に完成しました。

これまで、ホーチミン博物館を訪れた人数は700万人の外国人を含む3000万人以上で、その中には、多くの国や国際組織の指導者らがいます。