11/02/2021 00:01 GMT+7 Email Print Like 0

ホイアン旧市街-懐かしさに満ちた夜

新型コロナ感染症のパンデミックによる長い沈黙の日々が過ぎ、辛丑年テトが近くなり、ホイアンの旧市街は徐々に昔の懐かしく美しい生活のリズムが戻り、ベトナム中部の最も古い貿易港を訪れた旅行客はいつも郷愁で胸が一杯になります。
新型コロナが流行し、ホイアン旧市街は客が来ず、夜は空っぽで哀しい日が長く続きました。夜になると、小さな通りはまったく静かで、聞こえるのは人が歩く足音だけでした。苔に覆われた古い昔の家は、高く架けられた赤い提灯からの暖かい赤黄色の光や、満月の夜にホアイ川の風に沿って漂うお香の香りを放つことはありませんでした。
悲しみがホイアンにまとわりつき、いつ終わるのか分かりませんでしたが、幸いにも一先ず流行が収まり、夜には小さな通りが再びライトアップされ、再び店を開き、クアン地方の趣きがある食べ物を提供して旅行客を歓迎する機会に恵まれました。


感染症防止の長い日々が終わり、旧市街に再び平安が戻ってきたことを祝うために、提灯祭りに参加するホイ・アン旧市街の若い女性たち。
写真:タイン・ホア(Thanh Hoa)


関羽神殿前で提灯を持つ若い女性たち。写真:タイン・ホア


旧市街を長い眠りから目覚めさせるために小さな路地を通り抜けるアオザイを着た若い女性たち。タイン・ホア


電灯がつき、再び客が戻り始めた各店。写真:タイン・ホア


ホアイ川沿いで踊りのパフォーマンス。写真:タイン・ホア


活気あふれるお祭りの雰囲気を楽しむ観光客たち。写真:タイン・ホア


エキサイティングな仮装パレード。写真:タイン・ホア


旅行客を歓迎するホイアン旧市街の人々。写真:タイン・ホア


再び灯りが戻ってきたカウ寺。写真:タイン・ホア


ホイアン旧市街の若い女性のノスタルジックな美しさ。写真:タイン・ホア


感染症終息後、徐々にホイ・アン旧市街に戻ってきた外国人観光客。写真:タンホア


一列に並んだライトを照らし、来場者を迎えるランタンショップ。写真:タイン・ホア


観光客でにぎわい始めた小さな路地。写真:タイン・ホア

ホイアン旧市街の人々は、外敵から安全に遺産を守り、また時の刻印を保つきらめく常夜灯でホイアン旧市街の雰囲気を生き返らせるためにあらゆることをしてきました。そのおかげで、辛丑年テトが近づく頃には閑散とした月日が過ぎ、旅行客は安心してホイアンに戻り、お祭り気分を楽しむことができます。

何もなかった通りが明るくなり、古い昔の家は暖かく、香木の香りや、カオ・ラオ、バイン・ダップ、ミー・クアン、タオ・フォーなどクアン地区の人々の魂のこもった料理の香りで満たされています。そして特に「時代の痕跡を残す地」ホイアンに戻って来た旅行客は魅力的なストリートアートショーにきっと満足するでしょう。


文、写真:タイン・ホー

翻訳者:ホアン・ミン・フオン(Hoang Minh Phuong)