03/06/2021 11:15 GMT+7 Email Print Like 0

ホイアン旧市街のカオラウ

有名なカオラウはホイアン旧市街(クアン・ナム省)の名物料理です。 それは旧市街の生活には欠かせない昔の料理で、今日まで保存されてきました。
17世紀、グエン卿がホイアン港での貿易を拡大したことから、多くの中国人や日本人が商売をするためにここに来ました。ベトナム人は上流階級の重要な客を楽しませるためにカオラウを作りました。上客はホイアンに来るとこの高貴な料理をしばしば注文し、二階に持って来させました。やがて、今日ではお馴染みのカオラウになります。 ホイアン旧市街では、カオラウ料理は古風なレストランと共にこの土地の伝統的な文化的美しさとなっています。

カオラウのチャー・シューは厳選された赤身の豚肉のブロックを使って作らなければなりません。豚肉を塊のまま魚醤と塩に漬けて味付けし、5つの味を均等に染み込ませ、弱火で煮込みます。肉の調理が終わったら取り出し、トマト、玉ねぎ、油をスープに加えて混ぜ、加熱してソースを作ります。 カオラウはこのチャーシューがあるからこそ特別な料理になります。



カオラウ料理の麺とチャーシュー、生野菜などの具材。


ホイアンの代表的な料理とされているカオラウ。
 

フォーとは異なり、カオラウを作るにはクアン・ナム省の純粋な米を使う必要があります。特に、地元の人々は古いお米も新しい種類のお米も使いません。 その結果、生のカオラウの麺は柔らかくて歯ごたえがあり、中部地域の特徴ある香りがします。米はク・ラオ・チャム島の灰水に浸す必要があり、浸した後、米はウコンのような淡黄色になります。

カオラウは焼き餅と一緒に食べることが多く、食べるときは魚醤やホイアン醤油を加えることもできます。 ホイアン文化に浸り、また旧市街の昔の空間を楽しむ一番の方法はカオラウを味わうことです。

麺の真髄、チャーシューの香り、ハーブのクールな味わいが特徴です。ホイアンに来る観光客は誰もが、この土地の文化を探索する取っ掛かりとしてカオラウ料理を一度は食べています。


お薦めのカオラウの店
ハノイ
「Tasty Hội An」 リー・トォン・キエット通り56番地
ホイアン旧市街
「Quán Cao Lầu Liên」 タイ・フィエン通り21B番地
「Quán Cao Lầu Hội An Bà Bé」 チャン・フー通り19番地
「Quán Cao Lầu Thanh」 タイ・フィエン通り26番地

 
文:ビック・ヴァン
撮影:タイン・ザン