19/08/2016 13:01 GMT+7 Email Print Like 0

ホアン・サ諸島、チュオン・サ諸島

ベトナムの南部から北部まで、ベトナムは海に面している。日々打ち寄せるホアンサ諸島とチュオンサ諸島の波は、ベトナム人に祖国の主権について励ましを与える。ホアンサ諸島とチュオンサ諸島は資源が豊富で緑が多く、海の風は塩辛い。
海域を拡大した祖先

ベトナムのクアンガイ省にあるリーソン島に、祖先が海域を広げた軌跡を理解した。リーソン島は大陸から15海里離れ、ホアンサ海兵隊は漁場を開拓し、航海記録を付け、ベトナムのホアンサとチュオンサ諸島の主権の標識を設置したダンチョン(ベトナムの昔の南部の呼び方)の17世紀当時の遺跡を保存している。

現在、リー・ソン島におけるグエン家族、ファム家族、ヴォー家族はグエン王の昔からのホアンサ海兵隊の責任、功績などを記した公示、册封を保存している。


リーソン島でホアンサ隊の兵士を追悼する「レ・カオ・レ・テ・リン」
撮影:コン・ダット


リーソン島の一番重要な儀式。
撮影:コン・ダット



リー・ソン島におけるグエン家族、ファム家族、ヴォー家族はグエン王の昔からの
ホアンサ海兵隊の責任、功績などを
記した公示、册封を保存されている
撮影:コン・ダット

 

2014年ベトナム軍事歴史博物館で行われた「チュオンサとホアンサの歴史の証明」と題された展示会で撮影された昔の本。
撮影:チャン・タイン・ザン



1790年で
マリエットが描いた地図。
撮影:チャン・タイン・ザン


carte generale des Indes orientales et des Islles Adiacentes地図で、ホアンサ諸島とチュオンサ諸島は
パラセル諸島と呼ばれる。


1914年イギリスのロンドンでAtlats  of the Worldに出版された中国の地図で中国の領土は海南島だけまでである。
撮影:チャン・タイン・ザン



1938年6月ホアンサ島でベトナム人が標識を設置した

フランス共和国-
安南王国-ホアンサ諸島1816-ホアンサ諸島1938
撮影:チャン・タイン・ザン

 

中国は1909年からベトナムのホアンサ島を占める意図があった。その時、中国の3隻の船がホアンサ諸島へ進み、フー・ラム島を到着した。1946年、中華人国の政権(蔣介石)はベトナムが多くの困難に直面する時を利用し、ホアンサ諸島の東の方の島を違法で占めた。1956年、フランス軍が東洋から離れる時、ジュネーヴ条約の規定によってベトナム共和の政権がホアンサ諸島を管理しないことを利用し、中国は兵士を送り、違法でホアン・サ諸島のアンヴィン島を占めた。特に、1974年から今まで、中国は武力でホアンサ諸島を違法で占めた。


ベトナム人がホアンサ諸島とチュオンサ諸島を開拓したことに関する多くの話がある。UNESCOに世界資料遺産であると認定された阮朝硃本の中で、ホアンサ海兵隊がホアンサ諸島とチュオンサ諸島の主権を取った過程が書かれている。1816年、ザロン王はホアンサ諸島とチュオンサ諸島で国旗を掲げる命令を出した。ミンマン王朝(1820年1841年)、ホアンサ諸島とチュオンサ諸島に神殿建立し、石碑を立て、木などを植えた。

1847年12月28日の硃本で、ホアンサ島がベトナム海域の領海であるため、毎年の航海記録に、兵士を運ぶ船を送ると書かれた。1830年6月27日の硃本には、フランスの船の救助に向ったベトナムの船がホアンサ島で沈んだとの記述が残っている。

阮朝国史館が編集した「大南実緑正編」の本で、「1836年1月、工部の官は海上の国境線でホアンサ島が重要である。昔、ホアンサ島が広いため、地図でホアンサ島の一部だけが描かれた。毎年、ホアンサ島への派遣員を送らなければならない」と書かれている。

1916年、Revue Indochinoise社のCh.B.Maybon記者の「Les marchands européens en Cochinchine et au Tonkin (1660 - 1695)」の考究で、ホイアンにおけるオランダの商人協会のDuijcker会長は、グエン・フック・ラン氏に1634年7月21日ホアンサ島で沈んだGrootebroek船がベトナム人に救助され、その後、そのベトナム人がお金を押収したことを訴えた。

以上の歴史上に残った法的な証拠があり、17世紀から、ダンチョンの阮朝の政権はホアンサ島における活動を管理した。17世紀から19世紀まで、ホアンサ海兵隊は阮朝の政権のかわりに、ホアンサ島とチュオンサ島の主権の責任を果たした。1858年まで、フランスがの東洋侵略時、フランスはホアンサ島とチュオンサ島を統治した。


1988年におけるシン・トン島。
撮影:ヴィン・クアン



1988年におけるトゥイエン・チャイ島。
撮影:ヴィン・クアン


1988年におけるファン・ヴィン島。
撮影:ヴィン・クアン



1988年におけるシン・トン島でのベトナム主権を
示す標識
撮影:ヴィン・クアン



1988年当時のチュオンサー気象観測所。
撮影:ヴィン・クアン


1988年3月、中国はガックマ島で、ベトナム人64名の軍人を殺した。1988年4月に、ベトナムフォトジャーナルの4名の新聞記者はチュオンサー群島に渡り記事を執った。写真説明:コー・リン(島において、HQ 505 船における各新聞記者。
撮影:ヴィン・クアン
 

ベトナムの歴史は数多くの変化をしたが、中国により占領されたホアンサー島-南シナ海における眩い黄金色の砂浜には、今も先祖に対する寂しさが残っている。

ベトナム人はホアンサー群島はベトナムに再び属すると信じる。ベトナム人にとっては、国家の主権は非常に、重要であり、変えることはできない。


チュオン・サー群島の呼吸

ホアンサー群島の東南へ350海里離れたチュオンサー郡に属する南シナ海のチュオンサー群島はベトナムの領海として重要な位置である。

現在、チュオンサー群島を訪問すると、緑の繁った木々、鶏の声、寺の鐘の音で、平穏な島の風景に深い感銘を与えられる。昔から今日まで、ベトナム人の心にはチュオンサーロン島、ソントゥータイ島、ファンヴィン島、ナムイエット島、ダータイ島、ソンカー島、シントン島がある。



現代的な風力発電システム。
撮影:チャン・ミン・ゴック



シン・トン島の
居住地区
撮影:チャン・ミン・ゴック


東海におけるチュオン・サー群島に対するベトナムの主権を表現するチュオン・サー・ロン寺。
撮影:ヴィエット・クオン



チュオン・サー・ロン島における烈士記念碑。
撮影:チャン・ミン・ゴック

 

2016年4月、越僑であるティエウ・ヴァン・クアン氏は、チュオンサー島を訪問した時、「チュオンサー島は本土における美しい町のようです。」と言った。

現在、チュオン・サー群島を訪問するとき、人々は木のグリーン色、鶏の音声、寺の鐘の音なので、平安な島の風景に深い感銘を与えられる。
チュオンサー町-チュオンサー島郡の中心はチュオンサーロン島にある。チュオンサーロン島は、40ヘクタールあり、病院、学校、ホーチミン主席の記念館、烈士記念碑、チュオンサー寺などの数多くの重要な建物があり、森に囲まれている。
島を訪問する人々は、深い感銘を与えられる。

ナムイエット島は「ココナッツ地域」と呼ばれる。ここにおけるココナッツはナムイエット島の特産であるばかりでなく、チュオンサー群島の緑の彩りに貢献を果たす。

ダータイ島において、チュオンサー水産会社は水産物の養殖を開発する。同社はトックタン島で水産物の養殖を開発し、チュオンサー群島に、漁業村を建設する予定である。


チュオン・サー・ロン小学校におけるブイ・ティー・ヌン教師のクラス。
撮影:ヴィエット・クオン



チュオン・サー・ロン島における現代的な診察室。
撮影:ヴィエット・クオン



チュオン・サー群島における
ハイヴァン気象観測所
撮影:ヴィエット・クオン



チュオン・サー・ロン島において、インフラを建設する。
撮影:チャン・タイン・ザン



チュオン・サー・ロン島の
島民の60%の要求にこたえる風力発電システム。
撮影:ヴィエット・クオン



シン・トン島に
にある民家
撮影:グエン・ルアン



チュオンサー群島で海産物を獲るベトナム人の漁船。
撮影:ヴィエット・クオン

海産物を獲った後の魚民たち。撮影:フオン・ホアーベトナム通信社


現在のチュオン・サー・ロン島における幸福な生活。
撮影:ダン・キム・フオン

平穏であるが、チュオンサー群島は侵略される恐れがある。特別に、中国は南シナ海を独占するために、「九段線」理論を作った。同時に、中国はチュオンサー群島に、多くの建設物を不法に建てた。このことは地域内の緊迫を作る。

これはベトナムの領地の主権を侵害するばかりでなく、南シナ海における安全、安寧に悪影響を与え、チュオンサー群島の環境に悪影響を与える。2016年4月に、チュオンサー島を訪問したフア・チュンさんによると、彼女と多くの人々はチュオンサー群島における中国による不法な建造物を見るとき、不安と心配を感じた。

フア・チュンさんと多くのベトナム人は祖先の島と海が占拠されるとき、心配を感じる。ベトナムの主権のために、戦争することは将来、苦難に直面することを認識するのに、真理は常に、当たる。ベトナム人はホアン・サー群島、チュオン・サー群島はベトナムの一部であると信じる。


国連海洋法条約(UNCLOS)を研究した3年後の2016年7月12日、常設仲裁裁判所(PCA)はフィリッピンが中国を訴えたことに対する 最後の判決を公布した。この最後の判決によると、PCAは「九段線」に属する海域に対する歴史的な権利に関する中国の要求を棄却した。PCAの判決によると、中国は東海における海の地域に関する歴史的な権利を持たず、「九段線」地域に関する歴史的な宣伝を公布する法的な根拠やデーターがない。PCAの判決によると、中国がチュオン・サー群島において、人工島を建設することは珊瑚生息地域の環境に悪い影響を与え、生態系の保存責任に違反する行動である。


文:トン・ティエン
写真:ヴィン・クアン、ヴィエット・クオン、グエン・ルアンチャン・タイン・ザン、チャン・ミン・ゴック、コン・ダット、ダン・キム・フオン、フオン・ホア