04/02/2019 14:34 GMT+7 Email Print Like 0

ホアンリエンソン(Hoang Lien Son)山脈‐2019年における世界の絶景

2018年末、アメリカのNational Geographic 誌は、2019年の世界の魅力的な28ヶ所を発表した。ベトナムの西北に聳えるホアンリエンソン山脈はヒマラヤ山脈の東南の端にあり、National Geographic 誌が選択した2019年世界の最も魅力的な絶景の第7位にランクされた。同時に東南アジアで最も魅力ある山である。
巨大なファンシーパン山

ファンシーパンロープウェイはSun Groupグループが投資して、有名なケーブル会社Doppelmayr Garaventa社が設計した。ムオンホアバレーからパンシーパン山頂に着くロープウェイの駅は、海抜3,143mにある。

George Stone 氏-National Geographic誌の編集者は「このファンシーパン登山コースは最も魅力があり、この経験はインスピレーションとビジョンを変化させ、文化と行先は、世界の人々に影響を与え、アイデアとのコネクションとなります。」と話した。
National Geographic雑誌のホアンリエンソン山脈についての紹介記事によると、新しいケーブルの建設により、多くの観光客が3,143mのパンシーパン山の山頂に行くことができる。
賑やかなサパ町から遠くにある西北の山岳地域は荒野であるが、賑やかなハノイから313㎞しか離れていない。

ムオンホアバレーからファンシーパン山頂までのロープウェイは観光客たちを運んでくる。撮影:Sun World 


ベトナムの西北に聳えるホアンリエンソン山脈はヒマラヤ山脈の東南の端にあり、National Geographic 誌が選択した2019年世界の最も魅力的な絶景の第7位にランクされた。同時に東南アジアで最も魅力ある山である。撮影:Sun World 


冬におけるファンシーパン山頂における雪。撮影:Sun World


ファンシーパン山頂は数多くの寺がある。撮影:Sun World


ホアン・リエン・ソン山脈の風景を見る観光客たちは石の道に散歩する。撮影:タット・ソン


多くの観光客が3,143mのパンシーパン山の山頂に行くことができる。各観光客はパンシーパン山の山頂に記念的な写真を撮る。撮影:VNP



ファンシーパンロープウェの駅の標高は、世界で最も高く海抜1,410mで、ケーブルの長さは6,292mであると2つのギネス世界記録として公認されている。
ファンシーパンロープウェイは、2019年の世界の魅力的な美しさを見る後ろ盾となる。ムオンホアバレーからファンシーパン山頂までのロープウェイは観光客たちを運んでくる。観光客たちはムオンホアバレー、原始林、雲、巨大なホアンリエンソン山脈の絶景を見ることができる。
ロープウェイからの眺望は、西北地域の美しい絶景である。
ファンシーパン山の山頂にある雲の中にある都市を訪れると、観光客たちは深い感銘を受ける。霊的な建築は山岳の雲の上に存在する。
観光客たちは高さ21.5mの阿弥陀仏の銅像を見て、そこから、ホアンリエンソン山脈が望める。


高さ3.143 mのファンシーパン山の山頂の最も高い所に尖塔がある。この区域はファンシーパン山の山頂の重要な地点である。National Geographic誌の記事によると、ファンシーパン山の山頂に登頂すると、美しい「雲海」を見る。
サパ―ベトナムの素晴らしい遺産
ホアンリエンソン山脈を訪問すると、観光客たちは巨大なファンシーパン山の山頂に登るだでなく、モン族、ザオ族、サーフォー族、タイザイ族、キン族、ホア族の文化や風俗習慣を見るチャンスがある。ホアンリエンソン山脈の文化は観光分野の促進に貢献を果たしている。
サパ郡は共同体観光の開発を重視している。今まで、サパ郡はターヴァン町、ラオチャイ町、バンホー町、ターフィン町に、160軒のホームステイできる家族がある。毎年、数100億ドンの所得を与える。
サパ郡の指導者は「遺産を財産に変える」方針を実行してきた。それぞれの共同体と村は特徴性がある製品を有する。方針を実行するために、このごろ、サパ郡はスオンドン祭り、ガウタオ祭り、ロンポオック祭り、ソエ踊り、チュオン踊り、クアット踊りなど伝統的な祭りを保存することに集中する。



ロマンチックな風景があり、雲で、覆われるサパ町。撮影:チャン・リン(Trang Linh)


ターフィン町におけりホームステイできる家族はモン族の共同体の生活を発見することに興味を持つ観光客たちの目的地である。撮影:タット・ソン


ターフィン村における小河を渡す橋はホアン・リエン・ソン地域の有名な橋である。撮影:タット・ソン


観光客たちはモン族の女の人がサパ町に、布を織ることを見るチャンスがある。撮影:トン・ティエン(Thong Thien)



2018年に、サパを訪問する観光客数は320万人に達し、収益は10兆ドンになる。(観光局のデータ)
サパ郡は観光客たちを呼び込むために、各町村の観光活動で、陰暦のテト、新年の祭りに一連の祭りを開催する。サパの各町には、民族芸術団が設立され、ホームステイの所でパフォーマンスを演奏する。それで、民族文化は国内外の観光客に紹介され、地方の人たちに雇用を創出し、所得を与える。
その他に、サパ郡はムオンホア巨石を保存を重要視する。ムオンホア巨石は国家歴史文化の遺跡として公認されている。チュンチャイ町、ターヴァン町、ハウタオ町、サーサーホ町などの棚田は国家の名勝遺跡として公認している。この場所は観光客に人気がある。




この地域の人民たちの親しさに対して、満足の意を表す観光客たち。撮影:タット・ソン

カット・カット(Cat Cat)村を訪問する観光客たち。撮影:タット・ソン


カット・カット村における産物を買う観光客たち。撮影:タット・ソン


洪水シーズンにおける段々畑。撮影:チャン・リン




観光客たちは森林を渡し、巨大な山に登ることで、ファンシーパン山頂を発見できる。撮影:バー・ゴック(Ba Ngoc)

科学者たちの評価によると、海抜1,000mから3,000mの高低差にある6万ヘクタールのホアンリエン国立公園は「西北地域の緑地帯」として呼ばれる。ホアンリエン国立公園はレッドリストに記載された多くの動物が、生息している。現在、ホアンリエン国立公園はまだ発見されない多くの植物がある。それで、ホアンリエン国立公園はアセアン遺産公園として公認されている。

毎年、ファンシーパン山頂において、「ファンシーパンの空門を開く新年の祭り」は陰暦1月3日から9日まで開催される。仏教徒と観光客たちはビンヴァンティエン寺、ダイホンチュン塔、阿弥陀仏像、ラーハン道、キムソンバオタン寺、高さ20mの塔、9mの漢音像を訪問する。
文:トン・ティエン、
  写真:ベトナムフォトジャーナル