22/12/2017 16:12 GMT+7 Email Print Like 0

ポ・リ・ガイ山にいる銀を彫刻する最後の人

ベトナムのハ・ザン省のホアン・ス・フィ県にいる数千人のヌン民族の中、銀で装飾を作る人が数千人に達するが、銀で古い模様を制作する人が少ないである。しかし、結婚式で使用されるヌン民族の伝統的な文化の特徴を有する12の装飾をを制作人は一人である。それはポ・リ・ガイ山の頂上に住むチャン・タイン・ト氏である。
チャン・タイン・ト氏はその職業をいつ始めたか覚えないが20歳の時、ヌン民族の伝統的な銀の装飾を熟練に作られた。

黒く、ざらざらした肌がある手で、チャン・タイン・ト氏は寂しく「この両手で家族と自分が生活できません。」と述べた。


 
制作するための銀はハノイで購入される。
制作の前、銀を量る



制作中のチャン・タイン・ト氏


制作中のチャン・タイン・ト氏


銀は神のように薄く圧延される


制作の道具


ホアン・ス・フィにいるヌン民族の人気のある装飾


銀の腕輪に模様を彫刻するチャン・タイン・ト氏


制作の道具


チャン・タイン・ト氏が制作するのを見る子供たち
 

十年前、ヴィン・クアン県における市場で多くの装飾が販売される。伝統的な銀の腕輪を作るため、一頭の水牛を販売しなければならないので市場で数十万ドンだけで銀の腕輪が購入できる。年寄りは伝統的な銀の腕輪がとても高いため、購入できないと述べた。

ヌン民族の花嫁が結婚式で使う装飾は慎重に彫刻された銀から作られた。
その考えの中、チャン・タイン・ト氏と銀の装飾が制作できる少ない人々は一番孤独な人になる。結婚式で、若者の花嫁が伝統的な銀の装飾を使わないことに寂しく思う。

ホアン・ス・フィにいるヌン民族の生活が改善される時、人々は伝統的な装飾の価値がわかるようになった。チャン・タイン・ト氏に4千万ドンに達する装飾を注文した。銀の装飾の音は村で響く。チャン・タイン・ト氏もうれしく「祖先の昔からの価値は今のヌン民族の人々で再生されました。」と述べた。

2013年、ホアン・ス・フィ県で行われる民族文化祭りに出席する時、チャン・タイン・ト氏はヌン民族の銀の彫刻にナン・ドン集落ティン・ライ村のリ・サオ・ティンと会見し、毎週の日曜日行われるヴィン・クアン市場で伝統的な銀を販売すると約束した。

その時から今まで、ヴィン・クアン市場で、銀の装飾を着る女性たちが見える。市場で、装飾を見る人々は多いであるが、購入する人々は少ないであるが、ヌン民族の人々は祖先が向しから伝えた文化に関心する。


ヌン民族の伝統的な文化の特徴を有する首飾り


ヌン民族の女性の首飾り


銀の装飾を作るために多くの時間がかかる。


ヴィン・クアン市場で販売されるヌン民族の銀の装飾


ヴィン・クアン市場で販売されるヌン民族の銀の装飾に興味を持つヌン民族の女性たち


チャン・タイン・ト氏が作ったヌン民族の子供向けの帽子


テト、儀礼などで、ヌン民族は銀から作られる装飾を使う。
 
 
Bài: Thục Hiền - Ảnh: Thông Thiện
他の記事