02/12/2020 11:37 GMT+7 Email Print Like 0

ペトロベトナム:クリエイティブとテクノロジー 外国人の専門家に頼らず石油・ガス施設のメンテナンス

11月24日、ハノイにおいてペトロベトナム石油ガスグループ(ペトロベトナム)は労働新聞と協力し、「石油・ガス施設メンテナンスのクリエイティブとテクノロジー」をテーマに座談会を開催した。労働新聞のグエン・ディン・チュック副編集長はチャン・クアン・ズン党委員常務委員会委員・ペトロベトナム通信文化委員会会長は同座談会を主催した。

同座談会にはペトロベトナムが投資しているいくつかの機関の指導者代表が出席した。彼らは2020年にカマウ肥料工場、ズンクアット製油所、第1ダイフン石油掘削リグ、ジンコガス処理工場のメンテナンスを行なった。他に労働新聞の本社・各部と中央及びハノイの新聞機関の指導者、記者、編集者、技術者なども同座談会に出席した。

座談会の纏めを述べるチャン・クアン・ズンペトロベトナム通信・文化委員会会長


ヴンタウ石油加工会社のファン・タン・ハウ副社長


座談会の様子


新型コロナ・パンデミックの間、DQSへ牽引されるダイフン石油掘削リグ


ズンクアット製油所第四回目のメンテナンスの一つの段階
 

ペトロベトナム石油ガスグループ設立59周年(1961年11月27日~2020年11月27日)記念日にあたり、ペトロベトナム石油ガスグループは科学技術における印象深い成功と石油・ガスの労働者の長年に渡る貢献に対する表彰式典を実施した。その中には技術と経済的な価値において数々の大成功を収めることができた石油・ガス施設のメンテナンスが含まれている。

同座談会の開幕式で発表したグエン・ディン・チュック氏はメンテナンスに関するプロの技術幹部の力量をはじめ、ペトロベトナム石油ガスグループ直属機関のレベルと工業技術を高く評価した。新型コロナウイルス感染症の複雑で困難な事情の中、石油価格が暴落し、外国人の専門家が来越できず、経費が制限されている時に、ペトロベトナム石油ガスグループの各機関がメンテナンスに成功したことは 記録すべき、また誇るべき快挙である。

労働新聞のグエン・ディン・チュック副編集長は「ベトナムの石油業界は不断の努力により困難を乗り越え、石油業界の労働者は全国の労働者の手本となりました。この座談会の貴重な情報が全国に知れ渡り、多くのベトナム企業がこれらの貴重な経験を共有してくれることを願っています。」と述べた。

座談会で発表したチャン・クアン・ズンペトロベトナム石油ガスグループ企業通信・文化委員会会長は「ペトロベトナム石油ガスグループが成功を収めた要素の一つは労働です。労働は特別な本質を持っていて、ベトナムの経済発展における石油業界の成果に貢献しました。ペトロベトナム石油ガスグループが見たものは研鑽、情報交換、懸命な努力が重要で、それらは創造的で知的な労働を生み出し、石油・ガス業界をはじめ、ベトナムの社会・経済の発展に大きな成果をもたらしたという事実です。」と語った。

2020年の石油業界について、チャン・クアン・ズン氏は次のように述べた。今年は新型コロナウイルスのパンデミックと原油価格下落という二重の影響を受け、石油業界は回復できない危機にあり、実際世界の多くの石油会社は経営が悪化し、破産さえした。しかし、ペトロベトナム石油ガスグループは自らの努力によって、また石油・ガスの労働者は石油・ガス施設において創造力と技術を駆使し、安全で、安定的に、効果的な業務活動を維持した結果、経済・社会の発展に貢献し、困難な状況の中で構想を巡らせ、任務を果たした。

同座談会において、各代表は石油・ガスの労働者に代わり、管理、運営、工場と石油・ガス施設のメンテナンスなどの業務に携わったプロセスにおける各機関の貴重な経験の結果と教訓の概略についての情報を提供した。

石油・ガス施設のメンテナンス事業は昨今の目紛しい変動や石油精製市場の競争が激化している背景があるにもかかわらず、製品の価格を下げ、競争力を高めことに重要な貢献をした。経験豊富な人材チームは製油、ガス、電気、窒素の製造に高度なテクノロジーを使っている大工場のメンテナンス技術を修得し、以前は外国人の専門家に頼っていた技術、テクノロジーをペトロベトナム石油ガスグループは使えるようになった。同時に世界レベルで工業施設のメンテナンスサービスをする目標を提起した。
文、撮影:ベトナムフォトジャーナル