01/07/2020 09:58 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムEUFTAの展開のカギは行政改革

(VOVWORLD) - 6月30日、ハノイで、政府のマイ・ティエン・ズン官房長官と、ベトナムに進出しているヨーロッパ諸国の企業との対話が行われました。この対話は、「行政改革・ベトナムEUのFTA自由貿易協定の展開のカギ」をテーマにしたものです。

対話で発言に立った在ベトナムヨーロッパ商工会議所のニコラス・アウディアー会頭は、新型コロナ収束後のベトナム経済が回復している中で、ベトナムとEU欧州連合の自由貿易協定は、双方の経済協力を一段と発展させるであろうと述べ、次のように語りました。

(テープ)

「ベトナムはこの協定のメリットを活用し、 ヨーロッパの投資を誘致するゴールデンチャンスに恵まれていると思います。」

対話で、ズン官房長官は、今年の初めから、ベトナム政府は経営生産活動に関する239のライセンスを削除したほか、多くの行政手続きを削除・簡素化させたと明らかにし、次のように語りました。

(テープ)

「この30年間、ベトナムとEUとの関係が作った丈夫な土台により、ベトナムとEUの自由貿易協定及び投資保護協定は、双方の経済協力を一段と発展させるでしょう。これはベトナムEU全面的パートナーシップに合致すると思います。」

このように語ったズン官房長官は、対話は企業の意見を集めるチャンスであると述べ、これらの意見は政府に報告されると明らかにしました。