04/10/2021 16:37 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム 2つの経済成長シナリオを作成

2日午後、ハノイで政府事務局のチャン・バン・ソン長官は政府の9月の定例記者会見を主宰し、政府の9月の月例会議の内容を通知するとともに、世論が注目している諸問題を解明しました。 ベトナム 2つの経済成長シナリオを作成 - ảnh 1写真提供:Chinhphu.vn 記者会見でチャン・クォク・フオン計画投資次官は年初からの9ヶ月間の経済状況と第4四半期の経済見通しを基礎に2つの経済成長シナリオを作成したと明らかにしました。 第1のシナリオで今年全体のGDP =国内総生産の成長率が3%に達するため、第4四半期の成長率は7.06%に達成する。第2シナリオでは今年全体の成長率が3.5%に達するため、第4四半期の成長率は8.84%に達する必要があるということです。 フオン次官によりますと、高い成長を達成するため、企業の活動の再開や労働者の移動が許可されなければなりません。それで政府は労働者の安全な移動を確保するため、医療面での規定を公布すると同時に、製品の流通に便宜を図る必要があります。また、労働生産性が80%回復すれば経済回復に大きく貢献するとしています。 一方、企業の支援施策に関する決議の公布についてグエン・ドク・チ財務次官は国会常務委員会に新型コロナにより影響を受けた企業に対する減免税に関する決議の承認を提案したと明らかにしました。 他方、医療分野に関し、ド・スアン・トゥエン保健次官はできるだけワクチン接種率を最大限に上げるため、18歳以上の人口に対する接種の加速と2回目の接種計画を公布したと明らかにしました。これによりますと、当面、首都ハノイ、ホーチミン市、ロンアン省、ビンズオン省、ドンナイ省にワクチンを優先的に供与することになります。年末までと来年の上半期にベトナムはおよそ1億5千万回分のワクチンを受け取りますが、その中で、年末までにおよそ5400万回分が到着する予定です。 ソース:VOV