19/01/2018 14:15 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム電車

1885年7月20日、最初の列車がサイゴン駅を出発し、ヴァムコードン川のベンルック港から渡り、ミート市のセンターの駅に終着したことはベトナム鉄道の印である。
「ドイモイ」(刷新)を担った鉄道

ベトナムは南北に伸びたS字型の細長い国であるため、1936年、フランス帝国植民地当時、フランス人はベトナムの全土に長さが2600kmの鉄道を建設した。ベトナム戦争の時、ベトナムの鉄道は分断され、1975年統一後に再開された。ベトナムの列車は祖国保護ための戦争の使命を果たし、今、引き続き全国の各地の観光と商品を運ぶことに役立っている。

7日間の列車による観光の後、オランダのOep Janssen 観光客は「列車に乗りただ本を読んだとしたら、私たちがAからBまで移動するだけになってしまい、列車を通じて、列車から見る景色、人たちの文化を読み取ることができる」と述べた。
(ソース:トゥオイ・チェ新聞)
ベトナムの鉄道は北部から南部へ、海岸に沿って建設され、全国各地の風景、その中、黄金色の稲田、果樹園、素敵な海、タインホア省ハムロン、ゲアン省のベントゥイ、ハティン省とクアンビン省の間にあるデオガン、トゥアティエン-フエのランコ、ニントゥアン省のカナ、ヴンコ湾、フーエン省のムイディエンなどを通る。




列車の乗務員たちと運転手
撮影:資料


表示灯をあげて安全を確認する車掌。
撮影:タット・ソン


ハノイ駅で南北縦断線に乗る観光客
撮影:タット・ソン


列車の車内の様子
撮影:タット・ソン


車内でお客に無料で新聞を配る乗務員
撮影:タット・ソン


電車で客に無料の新聞を紹介する社員


ジーアン車両株式会社が現代的な技術でデザイン、製造した列車。
撮影:トン・ハイ


電車を修理するハノイ車両株式会社の支社
撮影:コン・ダット



ダ・ナン市にあるハイ・ヴァン峠。
撮影:コン・ダット

 

オランダのOep Janssen 観光客も「北―南線の列車を通じて、観光客はベトナムの絶景の景色が観賞できる」と述べた。

朝早く、フエのランコに到着した時、列車から東南アジアの最大の沼が見える。そして、ハイヴァン峠の美しさに驚いた。Choloe MaxwelさんはAPEC首脳会議を開催されたダナン市、ホイアン世界遺産、クアンナム省ミソン聖地にも印象を受けた。

私たちもヴォ―・ディン・カンさんの家族と近代的な設備を備えた5星のサイゴン―ニャチャン線SNT2 号の電車に乗った。カンさんは、現代的な設備を備えた列車の設備に驚いた。子供たちは電車の中で楽しい体験ができた。

今、ハノイ―ラオカイ線、ハノイ-ダナン線、サイゴンーファンティエット線、サイゴン-ニャチャン線などが短距離線が人気がある。
乗客は日増しに増えていく。ニャーチャン駅では、約2000人の客は切符を買う。

サイゴンの鉄道運輸会社のダオ・アン・トゥアン社長によると、サイゴン鉄道運輸会社は150社の旅行会社と協力し、鉄道会社のサービスを利用する数多くの観光客がいる。旅行者が一般の乗車券の利用を減らす政策、5星の列車を運行し、乗務員のサービスの質が向上しているので、乗客数は日増しに増え続けている。

現在、ベトナム鉄道の総延長は3160㎞で運営と管理をする。その中に、2524㎞の主な7路線はハノイ〜ホーチミン線、ハノイ〜ラオカイ線、ハノイ〜ハイフォン線、ハノイ〜ドンダン線、ハノイ〜クアンチエウ線、ケップ〜ハーロン線、ケップ〜リュウサー線。

直通の列車


列車名「トンニャット」、「ドイモイ」がある北部・南北部の列車はそれぞれの時期に、ベトナム人民たちの希望を表わす。

ベトナム政府により批准され2020年まで、運輸サービス開発戦略は、列車利用シェアを増し、列車サービスの向上と開発に従い、国内の運送市場を再び回復させる。この方針で、列車分野はインフラ、設備を再び構築させ、国の要求に応えるため、現代的なテクノロジーの応用を進めている。


フーイエン海岸線を走るトンニャット号。
撮影:トン・ハイ



ニャーチャン駅に向け到着準備をする列車。
撮影:トン・ハイ



ハイヴァン海岸線を通過するトンニャット号。
撮影:タット・ソン



ニントゥアン省のカーナー沿岸を走る北南線の列車。
撮影:グエン・ルアン



田園の中を抜ける南北線の車両。
撮影:トン・ハイ



2017年11月25日に、ランソン省のドンダン
駅で両国間のコンテナの列車を歓迎するベトナム鉄道と中国鉄道。

 

鉄道のコンテナ輸送サービスは、多くの顧客により使用される、ベトナム・中国間の輸出入の製品量は日増しに増加する。(ベトナム鉄道会社の指導者)(ソース: Vietnamplus )
現在、鉄道分野は製品を運ぶ約5000車両の貨物車両がある。そのほかに、ベトナム鉄道分野は運輸サービスの可能性を高めるために、科学技術を応用する。それにより、鉄道の運輸サービスはお客の要求にこたえる。

ベトナム鉄道のヴー・アン・ミン指導者によると、鉄道はお客がサービスの使用を増加させるために、活動方法を変化させる。ベトナム鉄道会社は他の運送分野と連携し、サービスを多様化させる。


国内におけるシェアを促進させる政策とともに、ベトナム鉄道は、ベトナムと中国間のコンテナ国際線を開発している。ハノイ鉄道運輸会社のドー・ヴァン・ホアン副社長によると、国際コンテナ路線における運営は鉄道運輸分野の潜在力を表す。

国際鉄道路線を強化するために、イエンヴィエン駅(ハノイ)とソンタン駅(ビンズオン省)は現代化にするために、投資される。



「将来、ベトナム鉄道会社は2020年まで、列車の速度を時速80〜90㎞/hに上げ、貨物列車は50〜60㎞/hに上げる。2030年まで、高速鉄道線は160-200㎞/hの速度で、建設され、2050年まで、350㎞/hの速度の髙速鉄道を建設する予定である。

文:グエン・オアン
写真:タット・ソン、コン・ダット、トン・ハイ、グエン・ルアン、資料