06/12/2018 10:25 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム農民協会第7回全国代表大会

 11日から13日にかけて、ハノイで2018年から2023年期のベトナム農民協会第7回全国代表大会が行なわれ、全国の農民1千万人あまりの代表999人が参加します。
 
 5日午前、ハノイで、ベトナム農民協会中央委員会は記者会見を行い、このように明らかにしました。
 
大会ではこれまでの任務遂行状況が評価され、今後の方向、目標、解決策を打ち出す予定です。
 
大会で特筆すべき点は999人の代表のうち、53の少数民族を代表する180人が含まれているということです。ベトナム農民協会のグエン・ティ・ホン・リ副会長は次のように語りました。
 
「農民は党の指導、国家の政策に信頼を置き、愛国伝統、自力の精神を発揮し、勤勉に労働して、貧困解消に尽力しています。農村部は大きく生まれ変わり、インフラ整備が図られました。また、農村の経済は工業、サービスの比重の増加に沿って移行しており、環境が改善され、社会秩序が確保されています。」
ソース:VOV