26/10/2017 10:20 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム観光をPRするチャンスとなるAPECサミット

それらのチャンスは、国の先端経済部門に発展するという目標を掲げているベトナムの観光部門の発展事業の原動力になります。

既にお伝えしましたように、11月6日から11日まで、中部港湾都市ダナンでAPEC首脳ウィークが行われ、APEC加盟21カ国の首脳らをはじめ国内外の代表およそ1万人が参加する見通しですが、これはベトナム観光をPRするゴールデンチャンスとなります。

これは、ベトナム環境・持続可能な発展研究院のファム・チュン・ルオン博士の研究テーマが出した結論です。

ルオン博士は、「APEC2017の活動の開催地として選ばれる地方は、地元の潜在力や、メリット、政策を紹介し、貿易・観光振興活動を強化することができる。各国の代表らは現地で、それらの潜在力や、メリットなどを目にして自国の国民に伝える。これはベトナムとAPEC加盟諸国との観光協力に役立つ」と指摘しています。

また、「APEC2017がベトナムの観光部門に多大なチャンスをもたらしている。それらのチャンスは、国の先端経済部門に発展するという目標を掲げているベトナムの観光部門の発展事業の原動力になる」としています。
ソース:VOV