11/10/2020 00:01 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム国章を設計過程

8月革命、ベトナム社会主義共和国建国際75周年記念式典(1945年9月2日から2020年9月2日)に際して、、情報通信局とベトナム美術博物館は「国章デザイン画稿―故ブイ・チャン・チュオック画家」の展示会を開いた。
ベトナム国章をデザインするにあたって200枚の資料と、故ブイ・チャン・チュオック画家(1915年~1992年)の国章のデザイン画は,人々に紹介された。自分の資料、故チュオック画家、112枚の図面、略図及び詳細図がある。その中、故ブイ・チャン・チュオック画家の国章に関する15枚の資料が選ばれ、1954年10月に、政府首相に提出された。


故ブイ・チャン・チュオック画家の略図は、鉛筆で描かれ、展示会に陳列された国章の略図


ベトナムの特徴がある故ブイ・チャン・チュオック画家の国章略図は、歴史、文化に関する大きな価値がある。

112枚の書類図面、略図及び詳細図が陳列された故ブイ・チャン・チュオック画家の国章略図の作品展。


故ブイ・チャン・チュオック画家の国章略図


選択され、1954年10月に、政府首相に提出される。
ブイ・チャン・チュオック故画家の国章に関する15枚のデッサンの一つ。



1956年1月14日に、ホーチミン主席により批准された254- SL号


展示会におけるブイ・チャン・チュオック(Bui TrangChuoc)
故画家(1915年~1992年)の略歴。ブイ・チャン・チュオック画家は、ベトナムの国章をはじめ数多くの勲章、メダル、賞状、スタンプの模様をデザインするアーティストである。



故ブイ・チャン・チュオック氏の展示会の開幕式に出席する
ホアン・ティー・ホア女史―青年・少年・児童文化・教育委員会副委員会と代表たち。
撮影:レー・ミン



ベトナム国章を設計段階を紹介する
「国章模様画稿―ブイ・チャン・チュオック画家」展示会



「国章模様画稿―ブイ・チャン・チュオック画家」展示会に出席する
ホアン・ティー・ホア女史とブイ・ミン・トゥイ女史‐
ブイ・チャン・チュオック故画家の娘。



公式の国章‐ベトナム社会主義共和国のシンボルを見学する情報通信局の幹部たち。
第3の国家アーカイブセンターは、すべてのブイ・チャン・チュオック(Bui TrangChuoc)画家の
書類図面、略図及び詳細図、資料を譲り受け、国家アーカイブセンターに、安全に保管する。

国章デザインコンテストは、1951年に行われ、全国から数多くの画家たちは、同コンテストに参加した。ブイ・チャン・チュオック画家(1915年~1992年)は東洋美術高等学校1936年~1941年に卒業した。彼は最初の作品は、切手のデザインであった。1953年に、彼はベトナム民主共和国の政府のために、メリット、メダル、メダルなどの模様をデザインし、そして、国章デザインコンテストに参加した。
才能と勤勉さ、勤勉さと細心の注意深さと真剣さで、彼のベトナム国章のデッサン作成の経緯は、形や色が多様なだけでなく、非常に印象的です。才能のある彼は、パターン、サイズ、芸術的アイデアの点だけでなく、国章の多数のアウトラインにおいても、ベトナム国民のアイデンティティと文化的伝統が染み込み統一されている

情報通信局とベトナム美術博物館は「国章模様画稿―ブイ・チャン・チュオック画家」展示会は、ベトナム美術博物館(ハノイのグエン・タイ・ホック通り66号)で行われ、2020年9月6日に終わった。
文、写真:ヴィエット・クオン、レー・ミン

他の記事