13/10/2018 07:59 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムへの外国直接投資で模範的な日本の投資家

10日、東京都内で、JETRO日本貿易振興機構、ベトナム計画投資省、在日本ベトナム大使館の共催により、「ベトナムへの外国投資・新たなチャンスと新ビジョン」と題するベトナム投資促進会議が行われました。
ベトナムへの外国直接投資で模範的な日本の投資家 - ảnh 1 会議で発表しているフック首相
会議で発言にたったベトナムのグエン・スアン・フック首相は、ベトナムは、近代技術と質の高い労働を利用する分野を経済成長の新しい原動力と見なしていると述べ、日本企業に対し、インフラ整備、クリーンエネルギー、加工産業、製造業、裾野産業、ハイテクアグリカルチャー、航空などの分野に集中的に投資するよう呼びかけました。インフラ整備の中で、交通インフラ、エネルギー、通信、工業団地などは優先分野であるとしています。フック首相は次のように語りました。
(テープ)
「ベトナムに進出している外国人投資家の中で日本からの投資家は模範的であると評されています。日本からの投資は、ベトナムへの外国直接投資のけん引役を果たしていると思います。現在、日本の多くの大手企業はベトナムに進出しており、質の高い商品を提供しています。」
なお、会議で、フック首相は、総額100億ドルにのぼる両国の企業・地方間の合意書の調印式に立ち会いました。
ソース:VOV