22/11/2019 16:12 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムの養殖海老の拠点

この数年間、ベトナムの南部の2省のカマウ省とバックリエウ省は,維持発展の開発方法で、海老の養殖と輸出に努力し、世界の水産物産業の中の海老養殖の最先端地としてのベトナムの位置を確認する。
輸出用の海老の養殖モデル

現在、ベトナムの30省の市は、車海老とバナメイエビを養殖している。その中、カマウ省は、海老の養殖規模とその生産量でトップである。海老の養殖業は、優先して開発投資され、カマウ省の主力経済産業である。

EU・ベトナム自由貿易協定(EVFTA)は、関税免除によりベトナムの海老の養殖業に有利な機会を与える。他は、ベトナムの海老の加工製品のための原料の多様化をさせる。これにより、業界が他の競合他社と競争力を高めることができます。
私たちはカマウ省ナムカン県で海老養殖場を営むフンさんを訪ねた。当時、数日後、海老の収獲の準備を始めた。フンさんによると、この土地で、フンさんと他の多くの人たちは古くからある池で海老を養殖しているため収入が増えない。集約的農法で海老を養殖することに切り替え、2018年の年初頭から、フンさんは集約的な海老の養殖モデルに変えた。


ベトナムのバックリエウ省で海老養殖場の面積は13万1千haある。ハイテクを応用した海老養殖場の面積は2千haである。
撮影:レー・ミン

 

ベトナムのカマウ省のハイテクの海老養殖場でふ化後15日の海老。
撮影:レー・ミン



カマウ省における海老養殖モデル。
撮影:ファン・タイン・クオン



海老を収獲するカマウ省ダムゾイ県の農民たち
撮影:バオ・ラム


バックリエウ市ヴィンチャックドン集落におけるナムドン協同組合の労働者
撮影:レー・ミン



カマウ省における水田の水路で養殖される海老
撮影:フイン・ラム
 

面積1,1haの土地で、フンさんは3ヶ所の養殖池を作り、各池の面積は1,200㎡である。第2の池は水の処理、第1の池は水の供給、第3の池はバイオガスで池の水をろ過処理する。多くの自動のシステムを備えた。その資金が12億ドンである。

ベトナムの全国の海老養殖場の面積は72万haであり、カマウ省における海老養殖場の面積が28万haであり、全国の海老養殖場の面積の40パーセントを占める。カマウ省のナム・カン県、ゴック・ヒエン県、タン・フ―県、カマウ市などは集約農業の方法で海老を養殖する模型がある。
フンさんによると、海老の餌を十分に供給する他に、毎日、水質をチェックし、浄化させ、海老の成長過程を確認する。毎月、専門家と海老を購入業者は水の質、アルカリ性、排気ガスなどをタイムリーに感知する。

海老の養殖期間は115日間から120日間であり、毎年、3度海老が収獲できる。一回の利益は5億ドンである。このモデルで海老の養殖をすることで、フンさんは他の家族と比べ収入が改善された。

ベトナムのバックリエウ市ヴィンチャックドン集落のナムドン協同組合を訪問する時、みんなは海老を収穫している。ナム・ドン協同組合のノン・クォック・チ会長は面積4500㎡の池に50万匹の海老を養殖し、9トンの海老を収穫し、9億ドンを総売り上げている。


90ヶ国へ輸出されるベトナムの海老

今、ベトナムの海老産業は養殖から販売までのシステムに投資し、ベトナムの海老の生産コストを下げ質の向上に努力している。

海老の養殖をしている多くの家は大規模の協力組合を設立し、海老の養殖を開始した。これらの海老の養殖場は、各企業が指定された海老の種類や餌などを供給され、その企業が購入する。他は、科学者や銀行、管理機関など関連する機関も援助し、海老の養殖システムを構築すことができる。



カマウ省ミンフ―水産株式会社の海老養殖場を訪問するベトナムのグエン・スアン・フック首相。
撮影:テー・アイン



カマウ省で28企業の30軒の海老加工工場がある。これらの海老は世界の90ヶ国に輸出される。
撮影:フイン・ラム



カマウ省ナムカン輸出入株式会社での海老の加工作業
撮影:レー・ミン



カマウ省におけるミンフー水産株式会社で加工工程
撮影:タン・ディエップ


輸出用の海老の包装工程
撮影:フ―・フウ

 

海老の乾燥作業をするカマウ省の農民たち
撮影:フイン・ラム

 

現在、ベトナムには1年間5万トンから7万トンの海老が収獲でき、100社の海老加工工場がある。その中、ミンフーグループ、ヴィンホアングループ、フンヴオングループ、越-豪グループなどの海老の輸出で成功している。カマウ省で28社の企業の30ヶ所の工場は一年間で2千トンの海老を加工し、90ヶ国に海老を輸出する。

特に、ミンフー水産株式会社はこの数年間、海老を加工し、輸出する世界の先端の4社の一つである。ミンフーグループはカマウ省とハウザン省でそれぞれ1つの工場を持つ。2018年、その輸出額は7億米ドルに達し、カマウ省における工場は4億米ドル近くに達し、カマウ省の海老の輸出額の3分の1を占める。

ベトナムのカマウ省人民委員会は個人の経済発展研究会と協力し、SeafoodWatchプログラムと世界の平和のためのCarnegie基金は「水産業連合の日」と高品質で維持可能な海老生産連盟に加入する調印式を行った。このイベントで、アメリカの企業4社のAramark、 Bon Appettite、Santa Monica Seafoods、 Fortune Fish&Gourmetとベトナムの大規模の流通システムはカマウに投資し、海老の消費市場を拡大させる。


ベトナムはヨーロッパ、アメリカ、日本、韓国などの90ヶ国の各地域に海老を輸出している。2018年、全国の海老の輸出額は35億米ドルに達し、カマウ省が11億7500万米ドルであり。全国の輸出額の30%を占める。

文:ソン・ギア  
撮影:レー・ミン、フイン・ラム、タン・ディエップ、ファン・タイン・クオン、フー・フウ、テー・アイン、バオ・ラム