10/06/2015 10:08 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムの飼育業と同行するMarphavet獣医薬株式会社

Marphavet獣医薬株式会社はBMGグループのメンバーであり、2007年、ベトナムがWTOに参加した後、設立された。今、獣医薬、ペットのためのワクチンなどのMarphavet獣医薬株式会社の製品はベトナムの畜産業で使われている。
Marphavet獣医薬株式会社の工場はタイグエンのフォーイエンにあり、約600人が働いている、その内ハノイ農業大学の技術者や獣医などの公務員もいる。
 
Marphavet獣医薬株式会社の工場はベトナムのフォーイエンにある。

Marphavet獣医薬株式会社の生産ライン

薬を生産する生産ライン

薬を作るシステム

製品の包装

Marphavet獣医薬株式会社の実験室で研究しているエンジニア、獣医

Marphavet獣医薬株式会社の製品は全国で販売されている。

Marphavet獣医薬株式会社のチャン・ドゥック・ハイン社長は「Marphavet獣医薬株式会社は農民たちの飼育を補助し、環境を保護するための方法をいつも模索しています。薬の名前、生物学の製品、ワクチンなどは自然の原料で作られています。」と述べた。

Marphavet獣医薬株式会社の製品は農民たちに信頼されている。
Marphavet獣医薬株式会社も家畜、家禽を飼育する技術を農民たちに指導するため、多くのセミナーを行った。そのため、Marphavet獣医薬株式会社は、農民たちに信頼されている。

Marphavet獣医薬株式会社はWHOのGMPの標準に達するワクチンを生産する工場を建設している。2014年、Marphavet獣医薬株式会社の製品はインド、ミャンマー、マレーシアなどに輸出された。


Marphavet獣医薬株式会社の製品
(Marphavetの資料)









Marphavet獣医薬株式会社の製品はベトナムのダットヴィエット金星賞、ベトナムの信頼のブランドなどの多くの賞を獲得した。

 
文:ビック・ヴァン
撮影:ヴィエット・クオン
他の記事