03/06/2015 13:34 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムの胡椒

この数年間、ベトナムの胡椒は、農産物である香辛料生産で、世界第一の輸出する国であると知られている。2014年、ベトナムの胡椒の輸出の額は10億米ドルに達した。ベトナムの胡椒の生産量は世界の胡椒の生産量の41パーセントを占めている。
潜在力と見込み

胡椒は学名がPiper nigrumであり、インド原産である、17世紀からベトナムで栽培されている。19世紀の末、胡椒はフークゥオック島、ホンチョン島、キエンザン省ハティエンにおいて栽培された。1970年、胡椒の栽培面積は400haで、生産量は500トンであった。

現在、胡椒はベトナムのビンフオック省(12.148 ha)、ダックノン省(11.154 ha)、ダックラック省(12.082 ha)、バリア-ヴンタウ省(9.074 ha)、ドンナイ省(9.010 ha)、ザライ省(11.245 ha)などで栽培されている。

2001年、ベトナムは輸出額が50、506トンに達し、世界一の胡椒の輸出国となった。2014年、世界の胡椒の生産額は減少されたが、ベトナムだけは胡椒の生産は安定しており、生産量は14万トンに達した。



ザライにおいて栽培されている胡椒。
撮影:グエン・ルアン



赤土の上で栽培される胡椒。
撮影:グエン・ルアン



栽培する土を検査する。撮影:グエン・ルアン



ザライ省における胡椒の畑。
撮影:グエン・ルアン



散水自動的システム。
撮影:グエン・ルアン



乾季には多くの水をやる。
撮影:グエン・ルアン



胡椒に世話をしている。
撮影:グエン・ルアン



胡椒の収穫。撮影:グエン・ルアン


収穫されたばかりの胡椒。
撮影:レー・ミン



収穫されたばかりの胡椒。
撮影:グエン・ルアン



ベトナムのビンフオック省ロックニンで乾燥されている胡椒。撮影:グエン・ルアン


ベトナムのザライ省のフオンマイ株式会社の胡椒の倉庫。
撮影:グエン・ルアン

現在、ベトナムの胡椒は、アジア、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカなど97ヶ国に輸出されている。アメリカとEUに輸出されるベトナムの胡椒の生産量は増えている。


2005年、ベトナムは 国際ペッパー協会(IPC)のメンバーになった。ベトナムが世界貿易機関(WTO)に加入した時から、ベトナムの胡椒は日本、オランダ、アメリカ、ドイツ、フランスにも輸出できるようになった。

ザライ省チュセ県の胡椒生産センターは、ベトナムで、最大の量が生産されている。それによりチュセ胡椒のブランドは設立された。

ドン・クォック・バオ氏は10年前、ハイフォン市からチュセ県Kông H Tok集落Luh村に出向き、胡椒を栽培した。現在、チュセ胡椒協会執行委員会の会員であり、多くの人々に胡椒を栽培する技術を教えている。

ベトナムの東南部で、ドンナイ省スアンロック県のチャン・フウ・タン氏とビンフオック省ロックニン県のグエン・バ・ティン氏はベトナムは 国際ペッパー協会(IPC)より「優秀な胡椒栽培のベトナム人」の証明書を授与された。

10年前、チャン・フウ・タン氏は自分自身が胡椒を理解した後、胡椒を栽培した。その胡椒を栽培する面積を徐々に拡大した。散水自動的なシステムを導入した1年間後、胡椒の生産量は年間、1haで7トンから10トンになった。

ベトナムのビンフオック省において、グエン・バ・ティン氏は、散水システムや肥料散布システムを製作し、ビンフオック省技術創造コンテストで第一の賞を受けた。

この数年間における潜在力と強みで、ベトナムの胡椒は世界胡椒分野の重要な位置を占めるようになる。


現在、ベトナムには、胡椒加工する200社の会社がある。その中、15社の会社は全国の胡椒輸出量の70%を占める。特に、外資胡椒会社はベトナムの全輸出量の30%を占める。


国際市場に大きなシェアを占める

この14年間に、ベトナムは世界の最も大きな胡椒生産量、輸出量の国の第1位にランクされる。このことは国家経済成長に重要な貢献を果たし、胡椒を植える人々の所得を高めた。ベトナムの胡椒は97カ国に輸出されている。(ドー・ハー・ナムベトナム胡椒協会会長。)
(Ông Đỗ Hà Nam, Chủ tịch Hiệp hội Hồ tiêu Việt Nam (VPA)
現在、95%の生産胡椒数量は輸出することに、使用される。ベトナムにおける胡椒加工テクノロジーは世界の消費要求にこたえる。現在、多くの会社は多様な製品を生産するために、ASTA、ESA、 JSSA基準に従って、胡椒を加工する工場を有するのに、ベトナムの輸出胡椒は粗末な胡椒である。1トンの輸出価格は7738米ドルである。

それで、ベトナムの胡椒協会はベトナムの胡椒が世界の市場により大きなシェアを持つために、胡椒を植える過程から加工する過程までの質を高めることを奨励する。

 

ビンズオン省におけるPhuc Sinh(フックシン)株式会社の胡椒加工工場の模様。
撮影:グエン・ルアン



INTIMEX株式会社の衛生的な胡椒生産工場の様子。
撮影:レー・ミン



Phuc Sinh株式会社の衛生的な胡椒工場の中。
撮影:レー・ミン



胡椒の質を検査する社員たち。
撮影:レー・ミン



試験室の一部。
撮影:資料



胡椒の質を評価するために、温度を検査する。
撮影:グエン・ルアン

現在、多くの胡椒加工会社は、発展を続けている。フックシン株式会社は世界胡椒市場の6%シェアを占め、ベトナム輸出胡椒市場の15%~17%のシェアを占める。この数年間に、フックシン会社は1年当り2万トンの胡椒を生産する。

Phuc Sinh株式会社は2001年に設立された。同会社は粗末な胡椒を経営し、白い胡椒、清潔な胡椒を加工した。お客を誘致するために、マーケティング 技能、お客の要求を研究すること、お客の信頼を得ることのほかに、胡椒を加工するテクノロジーに投資し、試験室を設置、国際基準に達する管理システムを応用し、胡椒の品質を厳しく管理する。2010年、会社は世界胡椒協会により「優れた胡椒輸出会社」として公認された最初のベトナムの会社になった。

フックシン会社のほかに、Intimexグループもベトナムの胡椒分野の強いグループとして評価された。1年当り1万トンに達する輸出胡椒生産量で、Intimexグループはベトナムの胡椒生産会社の第3位にランクされた。2010年、Intimexグループは国際胡椒協会により、「優れた胡椒加工会社」として承認された。

ベトナム胡椒協会は2001年に設立され、胡椒を生産し、経営し、輸出するために、ベトナム産の強みを作るために,生産者、各会社、組織間のコネクションの責任を負う。ベトナム胡椒協会は国家重点貿易促進プログラムを実施し、国内外のお客の情報を収集し、安全な胡椒を生産することを奨励し、安定した安全な胡椒の原料を作るために、加工工業の質を高めるために、会社と農民たちと連結する。



胡椒に関する国際セミナー・
撮影:資料。



2014年、上海で行われた展示見本市におけるINTIMEX 会社の胡椒陳列コーナー。
撮影:資料。



2014年、アメリカで行われた国際見本市でのPhucSinh会社の胡椒陳列コーナー。
撮影:資料。



Phúc Sinh会社の胡椒。
撮影::レー・ミン


世界的に有名であるフーコック胡椒。
撮影::レー・ミン

ベトナム胡椒分野を発展させるには、政府、科学者、経営者、農民たちの協力が必要である。それで、政府は生産過程を管理するために、科学技術研究を導入することは必要である。胡椒を植える農民たちは有機肥料を使用し、胡椒の生産高、質を保護することは必要である。会社は現代的なテクノロジーを投資し、製品価値を高めることは必要である。胡椒分野における幹部たちは伝統的な胡椒市場を維持し、胡椒のために、新たな市場を作り出すことが必要である。
文:ヴァン・キー、撮影:レー・ミン、グエン・ルアン、資料