07/05/2020 15:19 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムの新型コロナウイルス(COVID-19)に対抗する闘い

新型コロナウイルスの感染者が最初に発見された日2020年1月23日から100日間、ベトナムの全国の政権とベトナムの人民たちは、心を一つにして新型コロナウイルス感染症と戦った。2020年4月28日まで、ベトナムは、基本的な感染対策との戦いは成功し、外国に高く評価された。
敵兵のような新型コロナウイルス感染症に対抗する中で、それぞれの人民たちは兵士である

ベトナム国民は昔から愛国の伝統を持っている。国が困難に直面する度に、精神は高まっている。これまで、全国民は、党や政府と団結して、このウイルス感染の予防対策に一定の成果を収めてきた。

(チョン氏、新型コロナ予防のため力を合わせようのベトナムのグエン・フー・チョン書記長、首席の呼びかけ)
この3ヶ月間、ベトナムの通信、ソーシャルネットワークで、ベトナムの新型コロナウイルス感染症に対抗する期間で感動するストーリーが伝えられた。ベトナムのゲアン省タイホア集落に住む7歳のチャン・バオ・ガンさんと6歳のチャン・バオ・チャンは5年間かけて貯めた豚の貯金箱を開け、ゲアン省の西北地方の病院に新型コロナウイルス感染に対抗することに1400万ドンを寄付した。ホーチミン市のホアン・トゥアン・アインさんは新型コロナウイルス感染により影響を受けた人々にコメを無料で提供する「コメATM」を作った。クアンニン省における高齢の103歳のヴ―・ティ・シムさんは、新型コロナウイルス感染症対抗基金に100万ドンを支援した。

新型コロナウイルス感染対抗の時期の中で、境界を保護する兵士たちに関する話は人々を感動させた。お父さんが死んだ時、グエン・ディン・トン中尉はロンアン省で新型コロナウイルス感染症対抗の責任を果たしていた。家へ帰り、お父さんの葬儀に出席できないため、職場からお父さんの慰霊を拝む壇を作った。



バックマイ病院で、消毒液の散布をする国防省の科学部
撮影:グエン・ティエン・アイン・トゥアン



ベトナムの新型コロナウイルス感染症に対抗する期間で飛行機を消毒する
撮影:フォン・ソン



ランソン省フーギ出入国地点でベトナムへ入国する人々の体温を検査する
撮影:フォン・ソン



ハノイにおいて、重症急性呼吸器症候群を検査する
撮影:コン・ダット



ハロイ-メーリンに住む人々の健康を検査する医療機関の職員
撮影:フォン・ソン



ハロイ-メリンに住む人々の医療の経歴をチェックする
撮影:フォン・ソン



ハロイ-メリンに住むそれぞれの人民たちの検体サンプルを採取する
撮影:フォン・ソン



ハノイ首都指令省の軍事学校隔離地区の消毒をする医療の職員
撮影:アン・クォック・ヴィエット



ハノイ首都指令省の軍事学校隔離所における検体サンプルを採取する所
撮影:アン・クォック・ヴィエット



ベトナムの新型コロナウイルス感染症に対抗する期間で活動する医療機関の職員へ配られた無償のお弁当
撮影:タイン・ザン



ハノイ首都指令省の軍事学校隔離所における検体サンプルを採取する所
撮影:アン・クォック・ヴィエット



ハノイにおける行政機関で設置された体温計
撮影:コン・ダット



ベトナムの新型コロナウイルス感染症に対抗について
撮影:グエン・ティエン・アイン・トゥアン



誰もいないハノイのドンキンギアトゥック広場
撮影:コン・ダット

 

隔離所で隔離された観光客のポーランド人のJoanna Zythowskaさんはベトナムのクアンナム省の公安に感謝の手紙を送った。「あなた方は、命をかけ、私たちに援助をしました。」と述べた。ベトナムの公安も重要なフォースであり、すべての困難を乗り越え、ベトナムの政府が指導したソーシャルディスタンスを懸命に実施する。
ベトナムはベトナムの新型コロナウイルス感染症の感染対策に努力することで発展国と発展途上国の中の典型的な国である。
worker.orgで掲載した Joshua Hanks記者

ある時、ベトナムのヴィンフック省ソンロイ集落、ハノイのチュックバック通り、ヴァンラム3村、ニントゥアン省フオックナム集落、メリン集落ハロイ村、バックマイ病院などからの8万人以上が隔離された。

ベトナムの1億人の人民たちは兵士のように、政府が指導した新型コロナウイルス感染と戦った。そのことはDalia Research組織の調査公表で「ベトナムは新型コロナウイルス感染の予防対策に対応方法を信じる人民の数が世界で最多である。」と書いた。

兵士である医療従事者

2019年12月28日から武漢市で発症したウイルスはベトナムへ送られた。レー・ティ・クイン・マイ教授、博士は「私は新型コロナウイルスと戦い始めることが分かるようになった。」と述べた。時間を問わず、多くの努力をした2か月間後、レー・ティ・クイン・マイ教授、博士は中央衛生疫学病院の職員と新型コロナウイルスの培養に成功した。その成功は適切な治療方法を選択し、ワクチンを作る原料を供給する前提である。この企画は世界貿易機関(WTO)に認められる。ベトナムは新型コロナウイルスの培養に成功した第4位の国である。

中央熱帯病院救急部のグエン・チュン・カップ医者は「この新型コロナウイルスは私に対して殺すべきの相手です。」と述べた。他は、カップ医師も「最も重要なことは新型コロナウイルスがベトナムに入ることを防止することです。新型コロナウイルスの感染の拡大をさせないようにもします。私たちは新型コロナウイルスに感染した感染者を治療するだけです。ベトナムは以上のことを実施しているため、感染者の数は少ないです。」と述べた。



新型コロナウイルス感染症に勝利する決意を表明する医者たち
撮影:グエン・ティエン・アイン・トゥアン



ベトナム制の新型コロナウイルス検査キット
撮影:コン・ダット



新型コロナウイルスの感染者を治療する地域で消毒散布をする。
撮影:グエン・ティエン・アイン・トゥアン



中央熱帯病院で新型コロナウイルスの感染者を治療する
撮影:ゴック・タイン



新型コロナウイルスの感染を防止方法を伝える。
撮影:コン・ダット



FPT大学の隔離所で4時間保護服を着たナム・トゥー・リエム区医療所のグエン・タイン・ビン検査専門家の顔にはマスクをかけた跡がある。その跡は、
飾りでもあり決意が見え、新型コロナウイルスと闘う白衣の戦士であった。
撮影:グエン・ティエン・アイン・トゥアン



サンプルを採取する時、相手から0、3メートルから0、5メートルまで離れるため、感染の危険度が高い。
撮影:グエン・ティエン・アイン・トゥアン



中央熱帯病病院の負圧治療室で治療を受ける感染者
撮影:フォン・ソン



中央熱帯病病院の負圧治療室で治療を受ける感染者
撮影:フォン・ソン



退院日の感染者
撮影:フォン・ソン

 

2020年4月28日まで、ベトナムは新型コロナウイルスの感染者は270人である。完全に治療された人は222人である。感染者の人数は、ベトナムは世界で96位である。200人以上の感染者があるが、死亡者が出ていない3ヶ国の中の1国である。
数千人の医者たち、職員、医療幹部などはいつも心をこめ、努力し、24時間体制で、1ヶ月間、自分で隔離する。チョライ病院の熱病課のレー・クォック・フン医者は「皆は疫病の感染者を避けますが、医師、医療職員は、疫病のあるところに入ります。」と述べた。

中央衛生疫学院のルウ・グエン・タン医師は、この間、通常の3倍の時間で働く。115号ハノイの救急センターは新型コロナウイルス感染症の発生時から今まで、医者たちと医療職員の食事をする時間と寝る時間は短い。隔離の時間の中で、バックマイ病院の医者は30歳の産婦人は第3子を出産した時、重病があったため、子宮が切られ、120分で心臓が停止したが、脳に損害はない。

カップ医師、フン医師、タン医師などの話とバックマイ病院の奇跡は新型コロナウイルス感染症に勝利する医療機関の数千人の職員と医師をはじめ、ベトナムの国民の決心を表明する。


ベトナムは新型コロナウイルス感染症に対応するシステムを活動させる決意を表明した。ベトナムは、適合した計画が提出でき、それぞれの段階で予定通りに実施できた。

葛西健・世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局長
 
文:フォン・トゥー
撮影:グエン・ティエン・アイン・トゥアン、コン・ダット、フォン・ソン、クォック・ヴィエット、ゴック・タイン、タイン・ザン