14/10/2019 10:26 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムの伝統的な文化特徴があるドライフラワーの作品を作る人

巧みなドライフラワー技術を持つキエウ・カオ・ズン氏―ベトナム・Souvenirグループのリーダーは新鮮な花を自然の美しさをそのままに何年も維持させる。この花をベトナム伝統文化として繋ぐ。
観光業界で働く時に、ズン氏は多くの外国人がベトナムを訪れた時、家族への贈り物として、ベトナムの特徴のある記念品を買いたいことを知った。又、多くのホテルではレセプションで新鮮な花を飾ることを知った。その後、彼は退職し、「不死花」を作る研究をすることを決めた。
初めてドライフラワーを作るとき、彼は花の生物学的特性が理解できなかったので、数千本の花を無駄にした。グエン・バー・ミュウ職人の援助で、彼は自分の両親に贈るために、「お父さんとお母さん」の作品を作った。


キエウ・カオ・ズン氏の作品を作る部屋。


キエウ・カオ・ズン氏は―
ベトナム・Souvenirグループのリーダーで、巧みな技術で新鮮な花を自然のまま、不死花に変化させる。


花の色を抜くために、薬液に浸ける。


花を染める着色料は、消費者と環境に安全である。

花は着色された後、乾燥機で乾燥される。


自然の柔らかい花びらに見せるため、花弁一枚づつアイロンをかける。


ドライフラワーを部屋の飾りに使う他に、自分のドライフラワーを絵や
書道の作品と結合させる。


ドライフラワーを愛する若者たちは、ズン氏からドライフラワー技術を習得し、一緒にドライフラワーを作る。


記念品店に来た外国人の観光客に、独特なドライフラワー作品を紹介するカオ・キエウ・ズン氏

絵画の学校に行かなかったが、ズンは自分の持つ才能だけで、ドライフラワーを使って「モットコット寺」の作品、「古都フエ」の作品、「西北」の作品、「花屋」の作品とベトナムをテーマにした数100点の作品を作った。ドライフラワーを作る技術について話すとき、彼によると、ドライフラワー作りは4つの工程がある。この4つの工程は新鮮な花を選ぶこと、花を薬液に浸けて漂白すること、花に着色し、乾燥することである。
ズン氏のそれぞれの作品の特徴は竹とドライフラワーの結合である。これはズン氏の作品の美しさを表すだけでなく、生活に豊かさを与えます。

カオ・キエウ・ズン氏のドライフラワーの作品


カオ・キエウ・ズン氏の「一柱寺」の作品。












文:ガン・ハー
写真:クアン・ロン