08/04/2021 10:31 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムのワクチン管理 WHOの評価上位2位

WHO世界保健機関は7日、ベトナムのワクチン管理システム(National Regulatory Authority – NRA)がWHOの評価レベル上位2位に達したことを発表しました。
ベトナムのワクチン管理システムに対するWHOの評価は、グローバル・ベンチマーク・ツールで行われ、ワクチンの質と効果が確保されることを意味します。

なお、2015年、WHOはベトナムのワクチン管理システムがWHOの国際基準を満たしていることを示す認定証を交付しました。これによりベトナムは、ワクチンに関するWHOの厳しい基準をクリアした世界39番目の国となりました。NRA基準の公認は、メイド・イン・ベトナムのワクチン輸出に扉を開く前提になっています。現在、ベトナムは、結核や麻疹、日本脳炎など数多くのワクチンを生産しています。
ソース:VOV