16/11/2015 10:59 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムのドイモイの成果から見る世界各国の印象

1986年からドイモイを実施して30年、ベトナムは戦争後の経済-社会の危機を徐々に乗り越え、時代遅れ、貧困などが解消され、工業化、現代化を実施し、国際に加入した。
この間、国内外で行われた国際セミナーにおいて、外国人の管理者、学者はベトナムの達成を確認した。その中、ドイモイ事業の成果についても高く評価した研究家もいる。

ベトナム外務省、科学者回院、国連開発計画(UNDP)が行った「成長と維持のため経済改革:ベトナムに対しての国際の経験と試練」と題されたセミナーにおいて、 ヘレン・クラーク国連開発計画(UNDP)総裁は30年間の内、ベトナムが達した経済、社会の功績について強い印象を受けたと述べた。


ドイモイ実施の30年後、ベトナムのホーチミン市は現代的で、活発な都市となっている。
撮影:グエン・ミン・タン

 

ベトナムの農産物、水産物は多くの国に輸出され、信頼できる製品となっている。
撮影:ベトナムフォトジャーナルの資料

 

前世紀の1990年代、米を輸入した国から今、ベトナムは世界へ米を輸出する国のトップのリストに入っている。
撮影:ベトナムフォトジャーナルの資料

 

医療の分野では、山岳地方に住んでいる民族の人々に対しての医療制度も行われている。
撮影:ホアン・ハ


教育、訓練の分野で、ベトナムは社会の需要に応じて改善された。
撮影:ホアン・ハ



農業の分野で、ベトナムは農業の研究を促進し、現代的な技術を使用している。
撮影:アイン・トゥアン



ホーチミン市の現代的な技術農業地区。
撮影:タイン・ヴー
 
ベトナムの97パーセントの家庭は電気、新たなエネルギーなどを使用することができている。男女平等、教育、医療なども改善されいる。

クラーク国連開発計画総裁はベトナムは多くのメリットがあり、若い労働者が多く、競争力があり、豊かな資源があり、活発な地域のセンターになると述べた。

今年の2月、フランスのパリにおいて、在フランスベトナム大使館はフランス国際関係研究所(IFRI)と協力し、「ベトナム経済改革:新たな戦略パートナーの役割」と題されたセミナーを行った。

セミナーにおいて、ドウェイン・モリス・ベトナム 法律事務所 のマスマン弁護士はベトナムに住んだ25年間、急激に変わったベトナムに印象を受けたと述べた。

ベトナムは米の輸入国から、世界へ輸出するトップの国のリストに入った。マスマン弁護士も将来、ベトナムは引き続きもっと大きな成果に達すると信じている。

今年の4月、ビンズオン省において、ホーチミン国家大学のホーチミン市人文社会科学大学、トゥ・ザウ・モット大学、ハノイ国家大学のホーチミン市人文社会科学大学は「40年間(1975年-2015年)ベトナム、統一、発展、国際加入」と題されたセミナーを行った。

同セミナーは多くの科学者、研究者を集めた。アメリカ、フランス、オーストラリア、ブラジル、韓国、日本。中国、インド、マレーシアなどの学者もスピーチをした。

多くの学者、研究者はこの30年間、ベトナムはドイモイの道を歩んで、経済、社会、文化、政治、安寧、国防などの多くの分野で成果をあげている。

現在、ベトナムは工業化、現代化の事業を実施し、大きな規模で全面的に発展している。しかし、多くの学者の研究では、国際に加入する時のベトナムに対しての挑戦も示した。

早稲田大学の坪井義明教授は、ベトナムの周りの国際事情は急激に変化している。ASEANの経済共同体の設立中と環太平洋戦略的経済連携協定が終わりそうであることはその例である。

 
文、撮影:ベトナム通信社/ベトナムフォトジャーナル