27/04/2015 10:40 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムにおけるStarbucksコーヒーショップについての話

ベトナム市場におけるスターバックス コーヒー の最初の成功について話すとき、Patricia Marques在ベトナムスターバックス コーヒー の管理社長は「地道な努力が大きな成功をもたらします」と言った。
在ベトナムスターバックス コーヒー の管理社長であるPatricia Marques女史はベトナム就任前は、アメリカに住み働いた、彼女はペルー人でSaks Fifth Avenue、 Panera Breadなどの有名なブランドの経営管理者としての経験を積んできた。

在ベトナムスターバックス コーヒー の社長に就任した時、彼はベトナム人に適する飲み物を作るために、ベトナム人の心理、コーヒーを飲む習慣を詳しく研究した。

Starbucksコーヒーの方針は「持ち帰りコーヒー」であるが、ベトナムにおいては、ベトナム人は会話しながら、コーヒーを飲む習慣がある。これを理解した、
女史と同僚たちは、ベトナム文化の特徴があり、ベトナム人の習慣に適したスターバックスを展開した。


ホーチミン市における8店舗のStarbucks 店の一つ。撮影:レー・ミン


Patricia MarquesベトナムのStarbucks チェーン店の管理社長。撮影:レー・ミン
在ベトナムStarbucks のコーヒーを紹介するPatricia Marques 女史。撮影:レー・ミン
ホーチミン市Starbucks店の雰囲気。撮影:レー・ミン

ホーチミン市におけるStarbucks店で、お客たちと意見交換をするPatricia Marques 女史。撮影:レー・ミン

Starbucks は全世界で有名なコーヒー店であり、516億米ドルの証券市場の財産と、65カ国に2万店のコーヒーショップを展開する、世界の最大のコーヒー会社である。
ベトナムで、最初のスターバックス 1号店は、ホーチミン市でオープンした、市民たちは、コーヒーに興味を持った。

ホーチミン市においては、スターバックス コーヒー はコーヒーの味、飲む空間で、お客に魅力を与えた。サイゴンの人民たちはスターバックス コーヒー に興味を持った。それで、今では、ホーチミン市に、8店のコーヒー 店を営業している。

Patricia Marques女史によると、ホーチミン市に到着した時、「遠東の宝」と呼ばれたホーチミン市が大きく変化したことで、驚いた。


お客が注文した後、Patricia Marques 女史はコーヒーカップに、注文内容を書く。このことはお客に対する感心を表現する。
撮影:レー・ミン
ホーチミン市のStarbucks店における若者たち。撮影:レー・ミン
ホーチミン市におけるStarbucksの店内。撮影:レー・ミン
ホーチミン市におけるStarbucks店の空間はベトナム人の文化、要求に適する。

開放された40年後、サイゴンは前より現代で、活発になった。Patricia Marques女史は「ここの活発な生活が好きです。スターバックス コーヒー はここの人々に人気があり、人々の生活と調和できると思います。」と述べた。

スターバックス コーヒー はホーチミン市だけでなく、ハノイでもオープンする予定である。ハノイの市場はとても厳しい。Patricia Marques女史はハノイの人々が伝統のあるコーヒーを飲むことが好きで、スターバックス コーヒー の目標は優しくてオープンな空間の中でコーヒーを賞味することでハノイの人々を集めることである。

ハノイの人々がコーヒーを賞味する文化を理解したため、スターバックス コーヒー は温かさで溢れる店を作った。ハノイにおけるスターバックス コーヒーの店は現代的、活発なハノイの特徴を表わす。

スターバックス コーヒー はベトナム人の趣味によってコーヒー[茶]を淹れる。特に、深煎りで微細に挽いたコーヒー豆を充填したフィルターに、沸騰水を加圧状態で濾すことで抽出されたコーヒーはベトナム人の関心を集中する。

スターバックス は、ベトナムでの他のコーヒーのブランドと競争しなければならないが、Patricia Marques女史にとって、それぞれのコーヒーの味は異なる。ベトナム人の50パーセントは若者で、スターバックス コーヒー は若者に向けに展開している。

ベトナムに住んで5年間Patricia Marques女史はベトナムを自分のふるさとであると感じている。ベトナムの文化とその特徴に適したスターバックス コーヒー のブランドを作っている。

文:ビック・ヴァン
 
写真:タイン・ザン、レー・ミン