27/07/2018 17:02 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムにおける、野生動物の保護活動

この10年間のにおいて、世界は、ベトナムの野生生物の保護活動政策について高く評価した。ベトナムの共同体は、レッドブックに掲載された野生動物の保護活動の実施に対して認識を高めるために、野生動物救護センターを設立した。
宣伝と救護
共同体の認識を高め、野生動物の保護を理解してもらうために、私たちとアジア動物基金(AAF)の代表は、熊の保護・保存に関する宣伝プログラムを実施するために、ハノイのフックトォー郡、フントゥオン町に着いた。この10年間に、この町は北部地方で最も大きな熊の飼育場であった。最盛期には、59ヶ所の農場に325頭の熊が飼育されていた。
そのため、この地方における各飼育家族と懇談することは難しかった。アジア動物基金(AAF)のTuan Bendixsen局長(ベトナム人)によると、共同体への認識を変えることは野性の動物を保護する事業に対し良い方法であると述べた。
この3年間に、在ベトナムアジア動物基金(AAF)は地方の指導者たちとともに、毎月のように熊の保存に関する宣伝を実施した。その結果、現在フントゥオン町における人たちの認識に変化が現れている。2018年4月現在、フントゥオン町には173頭の熊が飼育されている。








フンコン町における熊の飼育所は不衛生で、100%の熊は皮膚病に掛かっている。写真:コン・ダット


子供たちはタムダオ救護センターの熊保護宣伝活動に興味を持つ。撮影:コン・ダット


ハノイ市の 東洋医学協会とタムダオ熊救護センターは、熊の保護活動を広め、熊の治療活動を行っている。撮影:コン・ダット


センザンコウの子供を飼育するラム・キム・ハイ獣医。撮影:ハノイ野生の動物救護センターの資料


虎の健康をチェックするアジア動物組織の幹部たち。写真:ハノイ野生の動物救護センターの資料


センザンコウの数を調査するアジアセンザンコウと肉食小動物保存センターの幹部たち。写真:資料

2018年4月、ベトナム野生動物保存センター(Four Paws Viet) とニンビン省の森林保護局は、20年間の商業目的で飼育されていた最後の2頭の熊を救護した。撮影:ゴック・タイン

アジアセンザンコウと肉食小動物保存センターにより自然に戻されるビントロング。撮影:資料

共同体への認識を変えさせるための宣伝ばかりでなく、1996年に、全国における野生動物を救護するために、ハノイのソックソン郡において、ベトナムは野生動物の保護・森林保護センターを設立した。このセンターは、ベトナム全国で最大の野生の動物保護病院である。
ベトナムは野生の動物保護・森林保護センターの監督ゴー・バー・オアン氏によると、この12年間に、同センターは100種類の635匹の動物を救護した。
現在、同センターには31類の274匹の動物が飼育されている。その中、39頭の虎、24頭の熊、霊長類、爬虫類、ニシキヘビ、ヘビ、鳥、カメを含む。
そのほかに、同センターは自然的な環境に、動物を放すことを実現するために、カットティエン国立公園、バーベー国立公園、カットバー国立公園、ブーザーマップ国立公園などの国立公園、フオンソン森林と協力する。
現在、全国の地域には、国際基準に適合した動物救護保存センターがある。このセンターは動物に対し自然な環境を与えている。
自然なハウスはアジア動物組織のベトナム熊保護センター(ヴィンフック省、タムダオ国立公園)である。ベトナム熊保護センターは2008年4月に設立され、1,2ヘクタールあり、330万米ドルが投資され、約200頭の熊が飼育できる。



アジア動物組織のベトナム熊保護センター(ヴィンフック省、タムダオ国立公園)は2008年4月に設立され、1.2haの広さがあり、330万米ドルが投資され、約200頭の熊が飼育できる。撮影:コン・ダット


熊の治療を行うCahalane 獣医。撮影:コン・ダット


熊のケージの清掃を行う熊保護センターのスタッフ。

そのほかに、ニンビン省におけるクックフオン国立公園には3ヶ所の野生の動物保存センターがある。
希少な霊長類救護・保存センターは、現在15種の165頭の霊長類を飼育している。その中に、世界における非常に希少ない6種類が飼育されている。
アジアセンザンコウと肉食小動物保存センターには、2種類の14匹のジャコウネコ、2種類の67匹のセンザンコウが飼育されている。


餌を食べるクックフオン亀保存センターの亀。撮影:コン・ダット


亀を治療するクックフオン亀保存センターの医療スタッフ。撮影:コン・ダット


亀を飼育。撮影:コン・ダット


救護されたサルたち。撮影:コン・ダット

希少な犀鳥。撮影:コン・ダット


 
グエン・バー・オアン氏とトラ。撮影:ハノイ野生の動物救護センターの資料


 センザンコウの健康をチェックする。撮影:コン・ダット外国人のボランティア。


尾っぽの切れたセンザンコウの治療をするセンターの社員たち。撮影:コン・ダット


アジアセンザンコウと肉食動物保護センターの活動。撮影:資料


クックフオン霊長類救護センターの活動。撮影:コン・ダット


クックフオン霊長類救護センターは、現在、6種類の希少な霊長類が飼育されている。撮影:コン・ダット

私たちにクックフオン亀保存センターを紹介するとき、クックフオン亀保存センターのドー・タイン・ハオ氏によると、現在、同センターには約600匹の亀(ベトナムの25種類中の20種類の淡水亀)を飼育している。同センターは15種類の亀の繁殖に成功し、現在900匹の亀が飼育される。特別に、同センターにある中部の亀は世界で最も大きな群れで、約260匹の亀がいる。


 
文:タオ・ヴィー(Thao Vy)、写真:チャン・コン・ダット、ゴック・タイン、資料