27/03/2019 09:53 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、UAEとの関係を重視

25日、ハノイで、グエン・スアン・フック首相は、ベトナムを訪問中のUAE=アラブ首長国連邦のドバイ投資会社のCEOシャイバニ氏と会見しました。
ベトナム、UAEとの関係を重視 - ảnh 1          会見の様子
席上、フック首相は、「ベトナムは常にアラブ首長国連邦との多面的協力関係を重視している。現在、アラブ首長国連邦は中東地域におけるベトナムの最大の貿易相手国となっている。両国間の年間取引額がおよそ60億ドルに達している」と明らかにしました。
また、「ベトナムはドバイ投資会社と協力する用意がある」と再確認しました。フック首相は、「ベトナム政府はドバイ投資会社がクアンナム省で展開している休養・娯楽複合施設建設プロジェクトに関心を寄せている」と述べたうえで、同社に対し、エネルギーなどの分野に投資を拡大させるよう訴えました。
一方、 シャイバニ氏は、「わが社はベトナムで長期的に事業活動を行い、活動範囲を拡大させ、さらにパートナーを探していきたい」と明らかにしました。また、ベトナム人労働者の派遣・受け入れ分野でベトナムとの協力を強化したい意向を表明しました。
ソース:VOV