11/02/2015 15:42 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、ASEANの責任を持ち、積極的に活動

2015年の新年を迎えるNewEurope新聞で、ファム・ビン・ミン副首相は、「2015年、ベトナムが東南アジアにおいて、積極的な平和、安定のパートナー」と題された記事を載せていた。


ファム・ビン・ミン副首相は「2015年、ベトナムが東南アジアにおいて、積極的な、平和と安定のパートナー」と題された記事を載せていた。
撮影:レー・ズオン-ベトナム通信社

 
ファム・ビン・ミン副首相は、2015年、東南アジアは強国、地域における発展国の協力及び競争などの挑戦に直面すると述べた。ASEANの加盟国の最大の挑戦は、2015年でASEAN経済共同を作りだす目標達成の過程で発生する、数々の問題である。

発展の計画を実行するため、安寧、安定、特に東海における安定、平和、協力が必要な環境が要素である。しかし、民族の主義の主張、軍事力のアンバランス、関連側との不信感があるため、短期で協力、平和的に解決する方法が実行できることは難しくなる。領域、領海の競争はより複雑で、危険となる。海賊、不法の移住など問題は複雑となっている。

東海に関する紛争について、ファム・ビン・ミン副首相はASEANと中国が行動規範の作成(COC)を早めに締結することに同意した。関連側はASEANが中心である仕組みを含む他方の仕組みの役割を重視し、力を尽くし、紛争の解決に努力する。


ASEANの10ヶ国と中国、日本、韓国、インド、オーストラリア、ニュージーランド、ロシアとアメリカはベトナムのダナン市において行われた
第3回ASEAN海洋フォーラム拡大会合(EAMF)に出席した。
撮影:チャン・レー・ラム-ベトナム通信社

 

ハノイにおける「ASEAN文化」と題された展覧会。
撮影:チャン・タイン・ザン



ASEAN加盟国との団結、平和、有効関係を強化させている。
写真説明:ベトナムのクアン・チ省とラオスのLa Lay出入国地点の落成式。
撮影:ホー・カウ-ベトナム通信社



ベトナムのホイアン旧市街において行われるベトナム-ASEANシルク祭り。
 
 
Vパートナーとの協力を強化しているベトナム。
写真説明:ASEAN‐中国博覧会の開幕式。
撮影:トゥオン・トゥ-ベトナム通信社

 
ベトナムの事情について、ベトナムのファム・ビン・ミン副首相、外務大臣は2015年、ベトナムは環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を終了し、G20の15カ国を含む50カ国と自由貿易協定(FTA)の調印をする予定。

ベトナムのミン副首相、外務大臣によって、ベトナムはASEANの中世界の強国と自由貿易協定(FTA)と調印した最初の国および唯一の国である。2015年、ベトナムは経済改革を促進させ、発展戦略の中、平和、安定を重視する。

ベトナムのミン副首相、外務大臣は、力を持った影響力を持つ大きな国が競争力を制限し、平和的方法で地域における紛争を解決する最初の国である。国が大きくても、小さくても、発展した国でも各国それぞれが、自らの意見を述べる権利がある。ASEANの加盟国及び関連国は、その紛争を徹底的に解決すべきである。

ベトナムのミン副首相、外務大臣はベトナムが主導的にASEANの発展の中で責任を持ち、紛争の解決の中の多国、特にASEANのの役割の重要性を重視し、

ベトナムとEU (ヨーロッパ連合)の関係について、ベトナムのミン副首相は、EUがベトナムの改革の事業の中、協力関係を持ち、全面的なパートナーであると確認した。その双方の関係は発展的で、活発である。地域のレベルで、EUはASEANの平和、安定、統合の中、利益を持つ。ベトナムとASEANの加盟国は東南アジアの協力、平和、安定、繁栄のための解決方法を作り出す。

最後に、ベトナムのミン副首相は、ベトナムがASEAN、EUの関係は、重要な要素であり、EUがASEANを通じて、東亜の各国との関係を発展させる。
文、撮影:ベトナムフォトジャーナル/ベトナム通信社
他の記事