11/10/2017 11:46 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、災害リスクの軽減対策の構想を提示

ベトナム時間の10日午前、国連総会経済財政委員会は、「持続可能な開発」という19項目に関する討論会を開きました。

この中には、災害リスクの軽減、気候変動対策、砂漠化と干ばつ、生物多様化、砂嵐対処、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスの確保に関する小項目があります。

討論会で発言に立った国連駐在ベトナム代表団の代表ゴ・ザ・トアン第一書記は、「常に自然災害を受けている国々の一つであるベトナムは、この数年間、国連の各機関から貴重な支援を受けて、気候変動の対応策を主体的に講じている。」と明らかにすると共に、自然災害を受けている低所得国と中所得国への支援、及び災害リスクの軽減に責任を分かち合うよう呼びかけました。
ソース:VOV