27/03/2020 09:08 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、国民の保護を優先

外務省は、外国駐在ベトナムの各代表機関に対し、ベトナム人に関する情報を収集するとともに、航空会社や、空港をはじめ所在国の関係各機関と連携して、ベトナムの入国政策に関する情報を提供するよう指導しています。

16日午後、ハノイで行われた外務省の定例記者会見で、レ・ティ・トゥ・ハン報道官は、「現時点で、国内外にいる国民の保護は優先課題である」と再確認しました。疫病のために多くのベトナム人が各国際空港で待機せざるを得ないことに関し、ハン報道官は次のように語りました。

(テープ)

「外務省は、外国駐在ベトナムの各代表機関に対し、ベトナム人に関する情報を収集するとともに、航空会社や、空港をはじめ所在国の関係各機関と連携して、ベトナムの入国政策に関する情報を提供するよう指導しています。また、各国際空港で待機せざるを得ないベトナム人に関する情報を収集し、必要な保護措置をとることも要請しています。3月21日から25日まで、外国駐在ベトナムの各代表機関は800人のベトナム人を補助してきましたが、今後も、適切な措置をとっていきます。現時点まで、およそ40人は各国際空港で待機せざるを得ませんが、関連各機関は緊急支援措置をとっています。」

このように語ったハン報道官は、「ベトナム在留中の外国人のビザ延長は通常通りに行われる」と確認しました。
ソース:VOV